川越東が、センバツベスト4の國學院久我山を迎えての試合



1試合目では2回こそ崩れたものの、完投した國學院久我山・成田君

 <交流試合:國學院久我山6-5川越東(9回サヨナラ)、國學院久我山7-3川越東>◇8日◇川越東高校グラウンド

 昨秋の東京都大会では、劇的な逆転サヨナラで優勝を果たし第94回選抜高校野球大会出場を引き寄せた國學院久我山。センバツでも初戦で有田工(佐賀)を下して初勝利を飾ると、高知星稜(石川)と甲子園でも名だたる強豪を立て続けに下していった。優勝した大阪桐蔭には力負けしたものの、その躍進ぶりは光った。

 その國學院久我山を迎えた川越東(埼玉)。県内では進学実績も高い人気の私学男子校である。野球部からも東大合格者を輩出するなどの実績もある。昨秋の県大会はベスト8まで進出している。今年は新入部員が44人で3年生の46人、2年生の43人と合わせて133人という大所帯となった。おそらく、埼玉県内でも最多ではないだろうかと思われる。県内では、いわゆる3強と呼ばれている浦和学院花咲徳栄春日部共栄を追いかける次の勢力とも言える。ことに、西部地区ではこの春も準優勝した山村学園聖望学園星野山村国際狭山ヶ丘など、その位置づけの私立校が多い。

 川越東としては、その中から一つ抜け出したいところでもある。ラグビー部も強豪で花園出場など全国大会出場なども果たしている。ラグビー部の強豪といえば、國學院久我山川越東以上で、全国的な強豪校として花園の常連校でもある。野球部としては、そのラグビー部に負けるなという意識もあって、モチベーションが上がっていた。

 さらには、尾崎直輝監督が依頼して、選手たちが依頼の手紙を送ったことで、あのイチロー氏が指導に訪れた。そのことがスポーツ誌などにも報じられて話題になった。

 尾崎監督は、「イチローさんに来ていただいたから特別なことをするということではなく、あくまで、自分たちがやってきている中で不足しているところ、教えてほしいところを訪ねていくという形でした。そうした中で、走塁を一番のテーマとしていろいろ教えていただきました。その基本としては歩き方から、足のつき方、そして肩甲骨を上手に使って腕を振っていく走り方などが中心でした。そういった動きを最初は意識しながら、それを繰り返していくうちに、やがて意識しないでできるのが無意識の体の動きだということでした」など、一つひとつの小さな疑問から、その答えを見出していくことで、次にやって行くべきことが見つかったという。そして、いい歩き方、いい走り方をしていくためには、体幹をしっかりと鍛えていくことだということにたどり着く。そうすると、体幹トレーニングそのものにも意味が出てくるということに帰結していくのだ。そうした理詰めと実践が一体となっていく、充実した時間だったという。