この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

修徳 竹澤・永島の完封リレーで足立学園を下す



5回に二塁打を放つ修徳・佐藤大空

 修徳というと打撃のイメージが強いが、この試合で目立ったのは1年生エースの竹澤 尚輝だった。「場面、場面でしっかりタイミングを外して、打ち取ることを意識しました」と言う竹澤は、球が特に速いわけではないが、丁寧な投球で1回、2回を三者凡退に抑える快調な立ち上がり。

 しかし攻撃面では、毎回のようにチャンスは作るものの、足立学園の先発・木下祥優の粘り強い投球に対し、あと1本が出ない。それでも修徳の荒井高志監督は、「(木下は)いいピッチャーだと思っていましたから、こんなものだろう。ミスをしたわけでないので、悪い意識はありませんでした」と言う。

 そして4回裏にノーヒットで点を取る。この回先頭の8番・竹澤が四球で出ると、二盗し、9番・萩原陸翔のバントで三塁に進み、1番・八木 大地の二ゴロで生還した。

 5回裏の修徳は3番・佐藤 大空から。ネクストバッターズサークルで素振りをすると、それだけでスタンドが沸くほどの、豪快なフルスイングで知られる。けれどもこの打席では、しっかり合わせて右中間を破る二塁打を放った。「使い分けができるようになり、時にはコンパクトに振ることもできます」と荒井監督は言う。続く4番・牧野 颯太のバントを、三塁に送球したら暴投になり、1点を追加した。

 6回裏は、9番・萩原の中前安打と2つの四球で一死満塁とし、併殺崩れで1点を追加。5番・大越椋の右前安打でさらに2人が還り、試合を決めた。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています