この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

関東一、井坪の先制弾を含む4安打の活躍で早稲田実に快勝



関東一・成井颯

 関東一早稲田実業という強豪同士の対決に、試合開始前から雨が降り出す天候にもかかわらず、多くの観客が詰めかけた。

 関東一成井 颯早稲田実業は石島光騎と、ともにエースが先発。1、2回は両チームとも走者を出しながらも無得点に終わる。3回表関東一は、1回戦では先発投手も務めた1番の井坪 陽生から始まる。石島が「緩急をつけるつもりで投げました」というカーブを、井坪はしっかり捉え、レフトオーバーフェンスの先制本塁打を放った。井坪は石島が、「1回、2回は変化球が多かったので」と語り、変化球も想定しての一発であった。

 追いかけたい早稲田実業はその裏、安打2本を放ったが、二死一塁から一塁走者が3番・壽田 悠毅の中前安打で三塁を狙ったが刺されるなど、得点につながらない。

 5回表関東一らしい攻撃で追加点を挙げる。一死後、前の打席で本塁打を放った1番・井坪が左前安打で出塁し、すかさず二盗。続く2番・柳瀬冬和が粘りに粘る。けれども石島も「粘り強く投げました」というように、3ボールになった後も、ストライクゾーンに投げ続ける。柳瀬相手の12球目。柳瀬が右前安打を放ち、井坪が生還した。「自信のあるストレートを打たれました」と石島。見ごたえのある対決であったが、柳瀬に軍配が上がった。ここで足の速い柳瀬が二盗を決めると、関東一の得点機会がまた広がる。柳瀬が二盗を狙ったが、ここは早稲田実業の捕手・江崎大燿の好送球で刺した。柳瀬は早稲田実業も当然警戒しており、備えていた。「一つ刺せたのは練習の成果です」と、現役の時は捕手だった早稲田実の和泉実監督は語る。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています