この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

東海大菅生エース鈴木が復活、春季大会ぶりの公式戦マウンドで手ごたえ



激走する東海大菅生・酒井成真

 3季連続甲子園を目指す東海大菅生が、2回戦で海城と対決。旧チームの経験者が多く残るだけに、普段通り戦えば有利だと考えられたが、出鼻をくじかれる形になった。

 先発した豊岡 遥翔が一死から四球でランナーを出すと、3番・岸 凛太朗と4番・亀徳 正純の連打でいきなり満塁とピンチを招く。するとここで5番・三浦 遼大にライト前にはじき返され、2人のランナーが生還。2点を追いかける展開になる。

 ただ海城先発・小谷 新太の制球が安定せず、直後の攻撃で一死二、三塁とチャンスを作ると、4番・小池 祐吏の犠牲フライで1点を返す。さらに7番・酒井 成真が1ストライクから左中間を深々と破る三塁打で4対2とすぐさま逆転に成功する。

 リードした東海大菅生は、2回からは2番手・島袋 俐輝が登板。ストライク先行のテンポの良い投球で守備を落ち着かせると、打線は毎回得点で、4回までに9対2とリードを広げた。

 すると、「もっと後ろの予定でしたが、コールドになるかもしれない」と若林監督が判断して、エース・鈴木 泰成がマウンドへ。春季都大会以来の公式戦登板だったが、鈴木は真っすぐだけで海城打線を圧倒。まともに打球を前に飛ばさせないピッチングで雰囲気を変えた。

 それに感化されてか、直後の攻撃で、得点を重ねていき、最後は2番・福原 聖矢主将のホームランでゲームセット。13対2の5回コールドで勝利した。

 初回に2点を失うものの、終わってみれば5回コールド勝ちで3回戦進出を決めた東海大菅生。この一戦ではエース・鈴木の復帰登板はもちろんだが、新戦力の台頭も目覚ましいものだった。

 投手陣では2番手に登板した背番号14・島袋が、試合のリズムを立て直し、「攻撃に集中することができた」と若林監督も好投を労った。
 インステップ気味だが、全身を使って連動性のあるフォームから角度を付けた真っすぐ。そこに縦のスライダーを織り交ぜた安定感溢れる投球が光った。ゲームメイクに長けた投手という印象を受けた。

 野手では7番に座った酒井が2安打、3打点とアピールした。
 オープンスタンスにして、しっかりピッチャーが見えるように構えると、ゆっくりとした動きで、左足を着地させる。自分の間合いでボールを見極めることができており、非常に雰囲気がある。

 リストの強さや、3回にエンドランを決める器用さもある。7番にいるのがもったいないと思われるが、「ポテンシャルはクリーンナップを任せることができるので、当たり前です」と若林監督は評価が厳しい。ただ、「彼が機能すると打線に厚みが出てきますね」と厳しかったのは、期待の裏返しから来ているものだった。

 3回戦以降も、2人をはじめ新戦力の活躍が非常に楽しみだ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています