都立小山台 4番・新井晟の本塁打で追い上げ、二塁打で勝ち越し、岩倉に逆転勝ち



勝利を喜ぶ小山台

 岩倉と夏8強の都立の強豪・都立小山台という、1次予選で当てるのはもったいない、屈指の好カードは、1点を争う熱戦になった。

 都立小山台の先発・松川侑聖は、夏の大会で既に実績を残している。しかし都立小山台の福嶋正信監督は、「調子が悪い」と、状態を懸念する。

 1回裏岩倉は松川を攻め、2本の安打などで一死一、二塁とし、4番・小山大和の二塁打で2点を先制する。

 2回表都立小山台は、4番・新井晟矢の右前安打の後、5番・岩佐悠斗の遊ゴロを、岩倉の遊撃手・吉澤大翔が二塁に悪送球。7番・肥沼徹の左前安打で満塁となり、8番・松川は四球で押し出し。岩倉の先発、左腕の松浦航拓は、この回はこの1点で抑えたが、実力校同士の対戦では、こうした失策絡みの失点は、後になって響く。

 この裏岩倉は、1番・牧野遥河の二塁打などで1点を追加する。

 それでも都立小山台は5回表この回先頭の2番・佐藤公亮が四球で出て、3番・新井蓮が送ったところで岩倉は投手を松浦から、やはり左の徳元力樹に交代した。都立小山台の4番・新井晟は、代わったばかりの徳元から中前安打を放ち1点を入れ、追撃する。

 それでも岩倉はその裏、1番・牧野、3番・吉澤の安打などで一死一、三塁となったところで、4番・小山のセーフティスクイズが決まり、突き放す。相手野手が無警戒だったとはいえ、4番のスクイズで、勝負への執念をみせた。