都立東大和 エース・朝岡の気合の投球が呼んだ9回の勝ち越し



東大和・朝岡涼太

 元祖都立の星・都立東大和と、野球部の歴史は浅いものの東海大菅生出身の内野清監督の下、年々力をつけてきている東京都市大等々力の一戦は、最後まで予断を許さない熱戦になった。

 都立東大和の先発・朝岡涼太は、中学生の時は投手であったが、高校に入ってからは、夏までは遊撃手だった。地肩が強そうな力のある球を投げ、1回裏は三者凡退に抑えた。しかし2回裏、東京都市大等々力は2つの四球で出た走者が内野ゴロで二、三塁に進み、8番、先発投手でもある佐藤颯の左前安打で2人が還り、2点を先制した。

 東京都市大等々力の先発・佐藤は、変化球を巧みに使い、序盤3回を無失点に抑える。それでも都立東大和は4回表、打っては4番の朝岡が右前安打で出塁すると、6番・大森朋の内野安打と敵失で満塁のチャンスをつかみ、8番・岡本遼平のスクイズで1点を返す。さらに9番・山本悠太の二塁打で2人が生還し、都立東大和が逆転する。

 都立東大和は6回表も、8番・岡本の四球と9番・山本の2打席連続の二塁打で一死二、三塁のチャンスをつかんだが、1番・谷航希がスクイズのサインを見逃し、三塁走者が飛び出した形になり、チャンスを逃す。

 1点が大事な接戦。東京都市大等々力は7回からは中堅手だった柳昇河がマウンドに上がり、佐藤は左翼手として残した。一方都立東大和の朝岡は、秋季大会までに十分な投げ込みができていない。そのため中盤以降は、球威が落ちているのが、はっきり分かる状態だった。

 中学野球は7回までなので、8回以降は未知の領域。それでも気力で投げていた。8回裏東京都市大等々力は、3番・石井翔悟が右前安打で出塁。都立東大和の守りのミスもあり、一死二、三塁となり、6番・前原優大の初球、スクイズを決め石井が生還。東京都市大等々力が同点に追いついた。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています