初回の攻防が明暗を分け、明星が東村山西にコールド勝ち

 やはり、試合の入りは大事だということを再認識させられた試合でもあった。東村山西から見れば、もう少し競りあえるのかなという試合だったが、初回の走者を生かしきれなかったことで、そのまま試合展開そのものも終始追いかける展開になってい引き離されていってしまった。

 初回、東村山西は一死後2番菊川が中前打で出ると続く小野澤も死球。明星の先発園も、ちょっとリズムに乗り切れていないかなという印象だった。しかし、4番福田に対してストライク先行で追い込んで6~4~3の併殺で切り抜けた。

 そしてその裏、明星は先頭の志田が遊撃への内野安打で出る。続く山口のバントは上手に投手と二塁手の間に転がって内野安打となって一、二塁。大橋はしっかりと送って一死二、三塁。4番貝谷が中前へはじき返して2者が生還。さらに失策も絡んでこの回3点が入った。これで、明星の園も2回からは連続三振を奪うなど、すっかり自分の投球が出来るようになった。

 明星は2回にも志田の二塁打などで一死二、三塁として、山口の内野ゴロでは本塁で刺されたものの二死一、三塁。ここで、石山敏之監督はディレード気味のダブルスチールを仕掛けたが、これがものの見事に成功して4点目。こうなると、さすがに力としても一枚上かと思われていた明星のペースで流れていく。

 3回は四死球とバントで一死二、三塁として、内野ゴロ野選と内野ゴロ、さらに園の右前打などで3点。明星が大きくリードした。

 何とか反撃したい東村山西は、5回に先頭の7番田村が二塁打を放ち、内野ゴロで三塁へ進むと暴投で本塁へ帰り1点を返した。

 しかし、その裏にも明星は四球と失策に、志田の左前打や山口の右中間二塁打でさらに3点。そして、あと1点でこの回でコールドゲームというところまで追いつめた。それでも、ここでは東村山西の新田が踏ん張った。さらに、6回も二死から安打と失策で一、二塁と迫られたものの、何とかこらえたのは評価されていいであろう。結果としては、7回コールドゲームという形にはなってしまったものの、ここをよく持ちこたえたといってもいいであろう。

 試合後、東村山西の三國 力監督は、「ここ何年かの中では一番攻撃力のあるチームになったかなと思っていたので、もうちょっと食い下がれるかと思ったのですけれどもね(苦笑)。やはり、格上のチームに対して先攻となったら、先取点を取っていかないといけませんね。逆に、初回、簡単に取られてしまいましたから、試合の流れを掴めませんでした」と、初回の攻防を残念がっていた。

(取材=手束 仁

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会