都立城東、都立淵江を8回コールドで破る!都立淵江の戦意をくじいた倉田の2ラン

 都立城東は秋の1次予選の初戦で都立日野に敗れノーシードだが、2年前の秋の4強メンバーも残っており、有力校の一つだ。この試合先発した鳴坂 隼も秋4強メンバーの1人だ。

 2回裏都立城東は二死一塁から7番・片野 一平の三塁打で先制点を挙げる。3回表都立淵江は、この回先頭打者である7番の塙 悠汰の二塁打でチャンスをつかんだが、鳴坂は落ち着いた投球で得点を与えない。

 都立城東は4回裏も2番の佐藤タイラーの二塁打などで1点を追加する。佐藤は秋までは4番打者で、強打の2番打者になっている。

 都立淵江の先発・渡邊 椋平は2点を許した後も踏ん張っていたが、5回裏二死一塁から、1番・倉田 明空がレフトに2ランを放った。「全力でやりましたが、ホームランで気持ちが折れました」と都立淵江の主将である塙は言う。都立淵江にすれば、痛い本塁打であった。

 都立淵江は6回表に2番の佐藤優の二塁打などで1点を返したものの、都立城東は7回裏に9番・鳴坂の三塁打などで1点、8回裏に都立淵江は二塁手だった佐藤が登板。横手投げから丁寧な投球をしたが、3点を失い、8-1で8回コールドが成立した。

 都立淵江の船越謙作監督は、「選手はよくやりましたが、相手の力が上でした」と語った。一方、都立城東の内田 稔監督は、「相手投手は打ちづらかったですが、選手は考えさせてやっています。鳴坂はストライク先行で良かったです」と語る。4回戦はシード校の日大豊山。都立城東の真価が問われる戦いになる。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会