この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

激しい点の取り合いの末、広陵が辛くも花巻東を振り切る



勝利の瞬間、ガッツポーズをする内海優太(広陵)

 晩秋の朝日が差し込んでいる神宮球場。秋季地区大会の優勝校10校が集結して、秋の日本一を競う明治神宮野球大会。ベスト4の対決となったが、朝8時半過ぎにプレーボールとなった。

 広陵(中国・広島)は2回戦では関東代表の明秀学園日立(茨城)に14安打で快勝した。意外だったのだが、今大会が初出場でもある花巻東(東北・岩手)は、注目の佐々木 麟太郎内野手(1年)、田代 旭捕手(2年)ら中軸打者がその力を発揮して、長打攻勢で國學院久我山(東京)、高知(四国・高知)を下しての進出である。

 試合は、激しい打ち合い、長打合戦で点の取り合いとなっていった。終わってみたら、スコアボードには「0」のイニングが得点の入っているイニングよりも少なかった。花巻東は二塁打4本、本塁打1本。広陵は二塁打4本、三塁打1本、本塁打1本と、両チーム合わせて11本の長打が飛び交った。三者凡退も、お互いに1イニングのみという試合で、絶えず塁上が賑わっているという状況でもあった。

 2回、花巻東は二死三塁から暴投で先制。しかしその裏、広陵は押し出しで同点として、3番内海の中犠飛で逆転。さらに二死一、二塁という場面。花巻東のマウンドは早くも3人目の萬谷に代っていたが、4番真鍋が芯で捉えた打球はそのまま右翼スタンドに飛び込む3ランとなった。

 続く3回、4回にも二塁打と失策絡みで広陵は1点、2点と追加していく。ここまでの展開は、本塁打で完全に広陵の流れになっていたと言っていいであろう。この時点では、この試合で最大となる7点差で、あわやコールドゲームの可能性もあるという展開になってきていた。広陵の先発森山も、ここまでは4安打2失点で、まずまずの出来だったと言ってもいいであろうか。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています