史上最弱のチームの大躍進!西日本短大附が集中打で海星を破る!

本塁打を放った渡邊(福岡大大濠)

 選抜ベスト8の海星と福岡春のチャンピオン・西日本短大附の対決は5回に大きく動いたと書くと、豪華な対決と印象を受けるが、実は今年の西日本短大附は叩き上げのチームである。2年前には小野 郁(東北楽天)を中心に能力が高い選手が揃っていたが、今年はそういうチームはいない。主将の佐藤良亮は、「打てない、守れないチームでしたので、まあ指導者からは『お前らは史上最弱だ!』と言われ続けてきた代ですね」

 秋は4回戦で祐誠に敗戦した。この結果を受けて、3年生を中心に猛練習を敢行。どこよりも練習をしてきたという誇りを胸にこの春の大会に臨んでいる。西日本短大附は県大会で快進撃。5回戦では秋に敗れた祐誠と対戦し、4対2で破りリベンジを果たすと、自由ヶ丘九産大九州福岡大大濠といった強豪を破り、県大会優勝。西日本短大附の西村監督は「彼らは県大会で勝ち進むごとに驚くほど成長していましたね。私が西日本短大附の監督になってから初めての経験です」と指揮官が驚くぐらいの成長を見せた。そして九州大会に入っても、成長が続いている。2回戦では樟南に逆転勝利。そして本日、海星戦を迎えたのだ。

 1回表、西日本短大附は二死一、二塁から5番渡邊 大海(2年)の適時打で1点を先制。だが1回裏には一死から2番坂田航(3年)がレフトフェンス直撃の二塁打を打たれ、3番小畑 翔大(3年)の適時打で1対1の同点の追いつく。

 しばらく試合が動かずにいたが、5回表、西日本短大附打線が一気に畳みかける。一死満塁から、1番三宅 州(3年)、2番中島 尚哉(3年)、3番吉無田 圭(3年)の3連打で、一死満塁のチャンス。ここで海星は、投手交代。先発の土谷 一志(3年)から間 悠亮(3年)に交代。4番で打席に立った橋本 真生(2年)が「つないで打ってくれた3年生のためにも何としても打ちたい気持ちでした」と強い気持ちで入った橋本はストレートを捉え、中前安打。見事に2点適時打となり、3対1とすると、そしてとどめは渡邊だ。甘い球を捉えて、打球は外野手が一歩も動かず、ビッグNスタジアムへ飛び込む3ランで6対1とする。