選手名鑑

高橋 樹也 (花巻東)

応援メッセージを投稿する!
高橋 樹也

高橋 樹也18u2015pro2015

都道府県:
岩手
高校:
花巻東
学年:
2016年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
176cm
体重:
74kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2015年6月5日
 この試合の注目といえば、ドラフト候補に挙がる高橋 樹也(3年)の投球であった。左腕から最速145キロで、試合もある程度まとめる能力もあるとなれば、評価は上がる存在だ。東海大相模小笠原 慎之介と同じパターンで評価される投手だ。

 その高橋だが、不安な立ち上がりだった。1回表、先頭打者に死球を許すと、さらに一死二塁から3番野上 朋輝(3年)の適時打で1点を先制。4番仲佑真(2年)の振り、逃げの間に一塁走者が三塁へ。さらにワイルドピッチで2点目を許し、5番三浦 光貴(3年)、6番澤木恒成(3年)の連打で3失点。この内容を見て高橋は、
「下半身が使えず、上半身が突っ込みがちの投球フォームになっていました。なので、上半身が突っ込まず、下半身を使う意識で投げました」
 切り替えをしっかりと行った高橋は2回表、立ち直りを見せる。130キロ後半だった速球が一転して、140キロ台を連発。最速145キロを計測したストレートに、スライダー、カーブを織り交ぜ三者連続三振。高橋のフォームは踏み込んだ膝が開き気味で、踏み出し幅が狭いので、上半身が先に動いてしまい、押し出すような投げ方になっていた。だが2回以降は、上半身は突っ込まず、軸足でしっかりとため込んだ状態からテイクバックをしっかりとって腕を振ることができており、力強く腕を振ることができていた。
 2回以降、140キロ台のストレートは全国の投手を見てもなかなかお目にかかれないレベルである。狙い通りに空振りが奪える。ストレートの威力、変化球の精度ともに改めて今年の左腕でもトップクラスであることを印象付けた。

 また3回表に4番仲に対し、140キロ台のストレートを見せた後、85キロのカーブで空振り三振に奪った。あっけに取られた仲は待ちきれずに空振り三振。球速差60キロもあるスローカーブとのコンビネーションが見事に嵌る。これが甲子園で実現すれば、話題になりそうな攻め方であった。この攻めについて、
「佐々木監督にすすめられて少しずつ取り組んでいることです」と明かしてくれた。
高橋は、昨秋、肩を痛め、オフでは肩の治療に充てて、再発をしないようにインナーマッスルで鍛えながら、ウエイトトレーニング、走り込みもみっちりと行い、結果的に最速141キロだったストレートがこの春、146キロまでにスピードアップ。コンスタントに140キロ台を計測するまでになった。176センチ75キロと去年より体格的にビルドアップし、また、右打者の逆方向へ変化球として、100キロ台のチェンジアップを習得するなど、着実にレベルアップを遂げている。

 今後、安定した投球ができるようになるには、踏み出し足の右足の開きを抑えながら、上体が突っ込まず、縦に腕が振れる形がしっかりと出来るようになると、試合が作れる上に、コンスタントに140キロ台を計測する投手になりそうだ。
情報提供・文:2015.06.05 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
仙台育英vs花巻東【第97回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs敦賀気比【第97回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs専大松戸【第97回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs花巻東【2015年春の大会 第62回(平成27年度春季)東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs秋田南【2015年春の大会 第62回(平成27年度春季)東北地区高等学校野球大会】
大曲工vs花巻東【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
大曲工vs花巻東【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs花巻南【岩手県 2014年春の大会 岩手県大会花巻地区】
八戸学院光星vs花巻東【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs日大山形【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季東北地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板