選手名鑑

近藤 健介 (横浜)

応援メッセージを投稿する!
近藤 健介

近藤 健介pro2011aaa2011

都道府県:
神奈川
高校:
横浜
学年:
2012年卒
ポジション:
捕手・二塁手・遊撃手
投打:
右/左
身長:
172cm
体重:
83kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 旧チームからのレギュラーで、2011年度の横浜高校4番打者。守っても要である捕手としてマスクを被り、スカウト陣からはその地肩の強さが話題になりました。

(打撃内容)

 元々遊撃を務めたりと、ポジションがなかなか固定されない近藤 健介。それでも変わらないのが、強打である打撃面。三番を打つ乙坂 智がセンスを感じさせる一方で、何処か線の細さを感じさせるのに比べると、この近藤はセンスよりも力強さが目立つ強打者。

 前足を軽く引いて、腰をグッと落とした構えは、下半身にどっしり感を感じさせる。仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用するように、中距離・ポイントゲッタータイプが多く採用するスタイル。まさに彼の打撃の特徴を、上手く現している。足を軽くまわし込み、ベース側に踏み込むインステップ。そのため外の球を強く意識していることが、この踏み込みからも伺える。ただ残念なのは、踏み込んだ足下が早めに地面から離れる巻き込み型。ボールを引っ張り込める球は良いが、そうでない球は引っかけるか、空振りをするなど、打てる球が限定されている。ただこの選手の良いのは、そういった球を見極められる選球眼・動体視力に優れており、難しい球を無理に打とうとしないところだろう。

 打撃の準備段階である「トップ」を作るのも立ち後れないし、上からボールを捉えるまで無駄なく振り抜けています。後ろは小さく前は大きくのスイング軌道で、最後まで力強く振り抜きます。打球にも強さが感じられるので、もう少し足下を盤石にして、左方向への打撃も可能になれば、幅が広がって来ると思うのですが・・・。

(ディフェンス面)

 あまり捕手らしさは、感じられない選手です。ミットを軽く示し、グラブを下げないように気をつけています。しかし集中力を持続できずに、癖であるのか?ミットを降ろしてしまうこともあります。そのため低めの球への対応もワンテンポ遅れて、選抜の波佐見戦では大事なところでミスを連発しました。ボールを押し込むキャッチングなどは悪くないとは思いますが、あまり捕手センスが感じられません。スカウト陣を驚かしたと言う地肩・スローイングは今回確認できませんでしたが、将来的には他のポジションで活躍する選手ではないのでしょうか?
将来の可能性
  では他のポジションでと言うことを考えると上背に欠け、中距離タイプの彼がプロから評価されるタイプなのかと言われると疑問です。しかし強肩であることは間違いですし、新チーム結成以来の70試合で、実に半数近くの34盗塁を決めるなど、走力が高いのも特徴。そのため俊足・強肩の身体能力があるのは確かであり、上のレベルでもやって行けるだけの身体能力を秘めた選手です。

 ただ肝心の打撃に関しては、先に述べたように現状は、かなり打てるコースなどが限られます。今後もう少し幅のある打撃が身につけられるのかが、大きな評価のポイントになるのではないのでしょうか。夏までにもう何試合かみて、その能力、可能性を見極めて行きたい選手でした。
情報提供・文:2011.04.07 PN 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
智辯学園vs横浜【2011年夏の大会 第93回全国高校野球選手権大会】
横浜vs健大高崎【2011年夏の大会 第93回全国高校野球選手権大会】
横浜vs横浜創学館【神奈川県 2011年夏の大会 第93回神奈川大会】
横浜vs南【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
波佐見vs横浜【2011年春の大会 第83回選抜高校野球大会】
浦和学院vs横浜【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs霞ヶ浦【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs高崎商【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs高崎商【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
コメント (2)
打撃の調子から垣間見える近藤選手の心情2011.09.21 浜のおやじ
横浜高校に入学後、即レギュラーとして活躍する姿は昨日のことのようだ。センターから左へ、まるでスピンが効いているかのような打球が外野手の頭上を軽々と越えていく。身体の開きが気になる当時四番打者の筒香選手とくらべ、絶対開かない、突っ込まないし、インサイドから出るバットコントロールにはビックリした。外角いっぱいのボールもしっかり体重を左足にのせ、インパクトまでの体重移動もただの高校1年生ではなかった。まさに少年野球小僧たちの手本となる打撃フォームだと思った。但しこれは2年を終わる頃までの話しだ。3年春季大会の横浜創学館戦か桐光学園戦のどちらか忘れたが、センターへの大飛球。いったと思ったが、これが楽々と外野手に追いつかれた。結果は外野手のエラーを誘い、あの大飛球は一見「さすが近藤!」と周囲からは思われただろう。その後準決勝の慶應戦から甲子園大会の智弁学園戦、そしてAAAアジア選手権の全試合まで、計10試合の打席を見てきたが、まともなヒットは(近藤選手らしい)1本もなかった。たしかにレフト、センター、への糸をひくようなライナーは飽きるほど見た。だが全て外野手に捕らえられた。頭上を越えない・・・間を抜けない・・・。
何かがおかしいと思った。私は素人なので詳しくは分からないが、まずステップの大きさだと思った。1年の時は投手の踏み出す足が地面につく頃には、既に小さ目のステップを済ませ、インパクトへの準備が万全だった。しかも右腰、膝、グリップは後ろに残ったままだ。ちょうど上記の写真のフォームだ。これならばどんな球も強いスイングで捕らえられるのではないか。しかし今は違う。特に感じたのが夏の県大会決勝桐光学園戦の2本のヒットだ。
2本目はサヨナラヒットになり、技術と勝負強さは証明できたかのように見えるが、優勝の瞬間とうい出来事にかき消されてしまっている。明らかに身体の開きがある。
結局最後の県大会は打率2割台で打点は最後のサヨナラヒットの1打点のみ。渡辺監督のインタビューでも「まさか近藤が・・・」とコメントしている。私が上記のように述べた技術的なことは、もちろん渡辺監督、コーチらが指摘していることだろう。では何故優秀な選手に優勝な指導者が教えてもよくならなかったのか?やはりメンタルなことしかないと思った。気になるのが主将が近藤選手から乙坂選手に代わったことだ。春の選抜大会後何故か代わっている。こんなことは聞いたことがない。選手間コミュニケーションの問題なのか?監督との確執なのか?是非関係者に聞いてみたい。
もしその原因がプレーに出ているとしたら、メンタル的な弱点があるのか?いずれにせよ将来有望な選手だ。先日プロ志望届けを提出したようだが、ベスターズの評価はあてにならない。近藤君、急がず慌てず、じっくりと「心技体」を極めてほしい。少しは遊びもし、恋もし、人生経験を積んでほしい。プロに行くのはもっともっと視野を広げてからでも遅くはないと思う。
凄い選手2011.01.14 横ヤン
中学3年Kボール全国大会で4強入り。すでに頭角を現していた近藤は、横浜入学後も1年春からいきなりのベンチ入り、夏にはレギュラー、ショートストップとし活躍、打率.438で神奈川県大会8強入りに貢献した。
その後、秋からは3番、捕手として横浜を引っ張る。 高校通算26本塁打。

(asahi.com)
歓喜の渦に包まれる東海大相模のベンチをじっと見つめ続けた。しかし、泣かなかった。「相手の力が上だった。でも、悔し涙は流したくなかった」。試合終了後、横浜の捕手の近藤健介君(2年)は唇をかみしめて話した。試合中、懸命に「低く、低く」とマウンドに合図を送ったが、球が浮き、甘く入ったところを痛打された。だが、「打たれたのは冷静にリードできていなかった自分のせい」とかばった。渡辺元智監督に選球眼とミートのうまさを認められ、2年生ながら中軸を打つ。遠投100メートルを軽く超す強肩が魅力の守備の要として、ここまで攻守でチームを支えてきた。この試合も、プロが注目する本格派の一二三慎太君から2安打し、四球も選んで気を吐いた。「先輩たちにここまで連れてきてもらって感謝している。次は自分が引っ張り、来年はうれし泣きしたい」

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板