選手名鑑

近藤 健介 (横浜)

応援メッセージを投稿する!
近藤 健介

近藤 健介pro2011aaa2011

都道府県:
神奈川
高校:
横浜
学年:
2012年卒
ポジション:
捕手・二塁手・遊撃手
投打:
右/左
身長:
172cm
体重:
83kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 身体は大きくないのですが、ガッチリした体格を生かしたパワフルな打撃と強肩を生かしたプレーで、プロからも注目されている選手です。最後の夏を迎え、選抜からどのぐらい成長したのか注目してみたいと思います。

(ディフェンス面)

 元々捕手一筋をやってきた選手ではないので、あまり捕手らしさが感じられない選手でした。ミットを軽く示し、時々グラブを地面に下げてしまう癖が抜け切れません。そのため選抜でも大きなミスをしたように、ワンバウント処理などはあまり上手くありません。ただこの選手、柔らかいボールの触りができるのと、しっかりボールを押し込むキャッチングができます。そういった意味でのキャッチングには、良いものを持っています。その強肩故に、なかなか相手チームが走ってきてくれません。生で練習試合の時に観ていたのですが、確かに地肩には上で通用する確かな強さがあります。タイムはしっかり計測できませんでしたが、1.9秒前後では到達しているのではないのでしょうか。ですから、捕手としてのフットワークや身のこなし、ワンバウンド処理などに物足りなさは感じるものの、トータルではかなりのレベルに到達しつつあるように思えます。

(打撃内容)

 横浜高校において、ボールを捉えるセンス・打撃能力は一番だと思います。ただこの夏は、ディフェンスに力を注ぎ過ぎたのか?打撃では、あまり元気がなかったように思えます。その辺は、神奈川予選でも 0本 1打点 打率.273厘と、彼の打撃能力を考えると、信じられない数字だったことからも伺えます。

<構え>

 前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰が程よく据わり、全体のバランス・両目で前を見据える姿勢なども素晴らしいです。それでいて、打席で力みも感じませんですし、こと構えに関しては、理想的な形だと言えるでしょう。

<始動>

 投手の重心が沈みきったあたりで始動する、中距離打者が採用する始動です。彼の打撃らしく、ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えたスタイル。勝負強さを売りにする、ポイントゲッターに向きます。

<下半身>

 足を引き上げて下ろす「間」があるので、いろいろな球に対応して行けるスタイル。左の強打者らしく、ベース側にインステップして踏み込むので、外の球でもきっちりさばけます。ただ右打者の食い込んでくるクロスの球筋に対し、どうしてもインステップすると内角が窮屈になる弊害が多く見られます。左のインステップ打者は、その強打の割にアベレージが上がってこない傾向に陥ります。ただ踏み込んだ足元は、しっかり最後まで閉じられブレません。体のツッコミを我慢でき、外の球にもしっかりついて行けます。春からの一番の成長は、地面から離れるのが早い巻き込み型だった打撃に、左方向への打撃も可能にした、足元の磐石さが出てきたことではないのだろうか。

<上半身>

 素早くトップの位置にグリップを添え、速い球にも対応できます。そこからの振り出しもスムーズで、外の球でもヘッドを立てたままスイングできているので、フェアゾーンにボールを落とせるスイングです。スイングには無駄はありませんし、ボールを捉えたあとも、最後まで力強く振りぬけています。ただ選抜に比べてどうか?と言われると、大きな成長は感じられず、あまり打撃へのウエートは置かれず、意識はされてこなかったのかな?という印象は受けました。

<軸>

 足の上げ下げが小さくないので、目線はそれなりに動くフォーム。ただ開きも我慢できているし、軸足にも強さも感じられ安定した打撃が期待できるタイプと言えそうです。

(打撃のまとめ)

 足元が磐石になった分、得意の巻き込みをするおもいっきりの良さが陰を潜めたのかもしれない。そういった意味では、まだ自分の中で、打撃がしっくりしていなかったとも考えられる。しかしこれは、乗り越えて行かないといけない課題。ただ足元のブレは、あくまでも外角を捌くときのものであり、真ん中~内角の球を引っ張る時は、地面から足を速く開いて開放してあげるべきで、その辺のフォームをもう少し固めるのに、時間が必要なのかもしれない。しかしボールを捉える打撃の潜在能力は、今年の横浜高校では抜けていることに変わりはない。
将来の可能性
 選抜から夏に向けて、新たな技術を身につけてきたことは確認できた。ただそれが、まだ自分の中で十分身についていなかったり、違和感が感じられるものであったのかもしれない。そういった消化不良の中で、迎えた夏だったのではないのだろうか?

 それでも、この選手の持つ、打撃の潜在能力の高さ、肩の強さなどが確認できたことは大きい。また欠点を改善して行こうという、姿勢が感じられことも好感が持てた。ただ高校からプロに行く程のインパクトがあるのか?と言われると、私にはNO.かなという気がするのだ。まずは、大学なり社会人に進み、文句なしの実績を積んで、それからでもプロ入りは遅くはないのではないのだろうか?今後も期待して、その成長を見守って行きたい。
情報提供・文:2011.08.20 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
智辯学園vs横浜【2011年夏の大会 第93回全国高校野球選手権大会】
横浜vs健大高崎【2011年夏の大会 第93回全国高校野球選手権大会】
横浜vs横浜創学館【神奈川県 2011年夏の大会 第93回神奈川大会】
横浜vs南【神奈川県 2011年春の大会 春季神奈川県大会】
波佐見vs横浜【2011年春の大会 第83回選抜高校野球大会】
浦和学院vs横浜【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs霞ヶ浦【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs高崎商【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs高崎商【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
コメント (2)
打撃の調子から垣間見える近藤選手の心情2011.09.21 浜のおやじ
横浜高校に入学後、即レギュラーとして活躍する姿は昨日のことのようだ。センターから左へ、まるでスピンが効いているかのような打球が外野手の頭上を軽々と越えていく。身体の開きが気になる当時四番打者の筒香選手とくらべ、絶対開かない、突っ込まないし、インサイドから出るバットコントロールにはビックリした。外角いっぱいのボールもしっかり体重を左足にのせ、インパクトまでの体重移動もただの高校1年生ではなかった。まさに少年野球小僧たちの手本となる打撃フォームだと思った。但しこれは2年を終わる頃までの話しだ。3年春季大会の横浜創学館戦か桐光学園戦のどちらか忘れたが、センターへの大飛球。いったと思ったが、これが楽々と外野手に追いつかれた。結果は外野手のエラーを誘い、あの大飛球は一見「さすが近藤!」と周囲からは思われただろう。その後準決勝の慶應戦から甲子園大会の智弁学園戦、そしてAAAアジア選手権の全試合まで、計10試合の打席を見てきたが、まともなヒットは(近藤選手らしい)1本もなかった。たしかにレフト、センター、への糸をひくようなライナーは飽きるほど見た。だが全て外野手に捕らえられた。頭上を越えない・・・間を抜けない・・・。
何かがおかしいと思った。私は素人なので詳しくは分からないが、まずステップの大きさだと思った。1年の時は投手の踏み出す足が地面につく頃には、既に小さ目のステップを済ませ、インパクトへの準備が万全だった。しかも右腰、膝、グリップは後ろに残ったままだ。ちょうど上記の写真のフォームだ。これならばどんな球も強いスイングで捕らえられるのではないか。しかし今は違う。特に感じたのが夏の県大会決勝桐光学園戦の2本のヒットだ。
2本目はサヨナラヒットになり、技術と勝負強さは証明できたかのように見えるが、優勝の瞬間とうい出来事にかき消されてしまっている。明らかに身体の開きがある。
結局最後の県大会は打率2割台で打点は最後のサヨナラヒットの1打点のみ。渡辺監督のインタビューでも「まさか近藤が・・・」とコメントしている。私が上記のように述べた技術的なことは、もちろん渡辺監督、コーチらが指摘していることだろう。では何故優秀な選手に優勝な指導者が教えてもよくならなかったのか?やはりメンタルなことしかないと思った。気になるのが主将が近藤選手から乙坂選手に代わったことだ。春の選抜大会後何故か代わっている。こんなことは聞いたことがない。選手間コミュニケーションの問題なのか?監督との確執なのか?是非関係者に聞いてみたい。
もしその原因がプレーに出ているとしたら、メンタル的な弱点があるのか?いずれにせよ将来有望な選手だ。先日プロ志望届けを提出したようだが、ベスターズの評価はあてにならない。近藤君、急がず慌てず、じっくりと「心技体」を極めてほしい。少しは遊びもし、恋もし、人生経験を積んでほしい。プロに行くのはもっともっと視野を広げてからでも遅くはないと思う。
凄い選手2011.01.14 横ヤン
中学3年Kボール全国大会で4強入り。すでに頭角を現していた近藤は、横浜入学後も1年春からいきなりのベンチ入り、夏にはレギュラー、ショートストップとし活躍、打率.438で神奈川県大会8強入りに貢献した。
その後、秋からは3番、捕手として横浜を引っ張る。 高校通算26本塁打。

(asahi.com)
歓喜の渦に包まれる東海大相模のベンチをじっと見つめ続けた。しかし、泣かなかった。「相手の力が上だった。でも、悔し涙は流したくなかった」。試合終了後、横浜の捕手の近藤健介君(2年)は唇をかみしめて話した。試合中、懸命に「低く、低く」とマウンドに合図を送ったが、球が浮き、甘く入ったところを痛打された。だが、「打たれたのは冷静にリードできていなかった自分のせい」とかばった。渡辺元智監督に選球眼とミートのうまさを認められ、2年生ながら中軸を打つ。遠投100メートルを軽く超す強肩が魅力の守備の要として、ここまで攻守でチームを支えてきた。この試合も、プロが注目する本格派の一二三慎太君から2安打し、四球も選んで気を吐いた。「先輩たちにここまで連れてきてもらって感謝している。次は自分が引っ張り、来年はうれし泣きしたい」

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板