選手名鑑

高橋 由弥 (岩国商)

応援メッセージを投稿する!
高橋 由弥

高橋 由弥u182013

都道府県:
山口
高校:
岩国商
学年:
2014年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
177cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 来春の選抜大会では、中国地区の代表枠は三校。そのため秋季中国大会で準決勝で敗れた、岩国商の出場も有力視されている。その岩国商に、注目左腕がいる。その男の名前は、高橋 由弥

(第一印象)

 上背はそれほどない割に、手足が長い投手体型なのは、非常に投手向きだと思います。ストレートの威力も感じさせてくれる選手で、この一冬での成長次第では、ドラフト戦線にも名前が浮上しそう。

(投球内容)

 球速は、恐らく135~後半ぐらい。少し腕が体から離れて分と振られるために、ストレートのコントロールがアバウト。それでも左打者の背中越しから来るような、曲がりながら落ちるスライダーのキレはよく、暴れるストレートと共に左打者にとっては厄介投手だと言えよう。

(投球フォーム)

<長所>

 グラブは最後まで内に抱えられるので、ボールはコーナーに散らせています。足の甲での押しつけも悪くないのですが、腕が体から離れて外旋し球持ちが浅いので、ストレートの球筋が安定していません。もう少し指先の感覚がよくなれば、細かい制球は期待できなくても、四死球で自滅するようなことは無くなるのではないのでしょうか。特に腕が強く振れるので、速球と変化球の見極めはつきにくい。

<課題>

 着地までの粘りが甘いので、右打者などは合わせやすいのでは。また体重移動が不十分なので、グッとボールに体重が乗らず、その辺も残念。腕を強く振ることが出来ているので、これに下半身の連動も伴うと、ストレートで打者を圧倒できる速球を身につけられる可能性が感じられます。選抜までに、下半身が一回りも二回りも大きくなって欲しいですね。
将来の可能性
 現状まだまだ発展途上の投手ですが、この冬の成長次第ではドラフト戦線でも面白い存在になれそうです。上手くゆけば、選抜では140キロ越えも期待できそう。ただそれ以上に、実戦力を兼ね備えた投球を追求して欲しい。中国地区では、関西児山 祐斗(2年)と共に、追いかけてみたい左腕でした。
情報提供・文:2012.12.07 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
前橋育英vs岩国商【第95回全国高校野球選手権記念大会】
山形中央vs岩国商【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
岩国商vs履正社【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
広陵vs岩国商【2012年秋の大会 第119回(平成24年度秋季)中国地区高校野球大会】
コメント (1)
努力2014.04.12 笹木恵洋・
目標に向かって頑張ってください

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板