高校野球ドットコム

前田 悠伍

前田 悠伍(大阪桐蔭)

都道府県:
高校:
学年:
1 年
ポジション:
投手
投打:
左/左
球速:
145 km
身長:
179 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2021年11月23日

選手能力値

投手能力
球速
A
制球力
A+
スタミナ
A
変化球
A+
投球術
A+
プロ注目度
A+

寸評


 大阪桐蔭史上最高左腕と評される前田悠伍。明治神宮大会でもそのレベルの違いを見せてくれた。
 前田を評価できる要素は5つある。

・球速
常時135キロ〜144キロと1年秋の左腕が投げる球速ではない。さらに高回転で空振りを奪うことができる。まだ体は細いが、いずれは145キロ〜150キロをコンスタントに投げていてもおかしくない。

・コントロール 
近畿大会では、17回を投げて、わずか1四球。そしてこの神宮大会では、無四球。

近畿大会・神宮大会を通じて23回を投げ、21奪三振、1四球。K/BBは21.00と恐ろしい数値を叩き出している。


・変化球 
変化球は球種も多彩で、精度も抜群だ。110キロ後半〜120キロ前半のスライダーは左打者からいつでもストライク及び空振りを奪える代物で、ほとんどが空振り。

そして120キロ後半のチェンジアップ、130キロ前半のカットボールもよく落ち、110キロ大のカーブもブレーキが聞いていて、さらに空振りを奪うことができる。右打者、左打者ともに膝下へ投げ分けができる変化球を複数種類を持っているのだ。これほど恐ろしいことはない。

・投球フォーム
 左投手を見極める上で大事なのは、体全体を使って、腕をしなやかに使える投手であること。いくらボールが速くても再現性は低そうだな…と思う投手は制球を乱しやすい。経験上、そういう投手はボールは速くなってもコントロールは改善しない。前田の場合、腕の振りの軌道を見ても内回りで、肘が立った投球フォームをしている。
・メンタル
 やはり素晴らしいのはメンタル。とにかく冷静で、いつでも自分の投球ができる。さらに、強気に押すところも、素晴らしい。大阪桐蔭の松尾は「強気と冷静さを兼ね備えた投手」と評価をしている。

 大阪桐蔭の左腕でこれほど完成度が高くて、メンタルも伴った投手はなかなかいない。大事な場面では任せたくなるのも頷ける。1年後、2年後。どんな投手になるのか、楽しみだ。

情報提供・文:2021.11.23  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事