高校野球ドットコム

金田 優太
プロ志望届提出者リスト

金田 優太(浦和学院)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
投手・遊撃手
投打:
右/左
球速:
143 km
身長:
181 cm
体重:
80 kg
データ最終更新日:2022年10月13日

選手能力値

野手能力
ミート
S
パワー
A
走力
B
守備力
A
肩力
A
プロ注目度
A
レーダーチャート
  • ミート
  • パワー
  • 走力
  • 守備力
  • 肩力

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

ロッテ5位指名の金田優太の完成形は鈴木大地か?その能力を徹底分析!



 ロッテから5位指名を受けた金田 優太内野手(浦和学院)は22年の高校生を代表する遊撃手だった。打撃では抜群のバットコントロールを見せ、投手として140キロを投げる強肩を生かした遊撃守備も光る。駄目だった試合がほとんどないぐらい高確率で安打を打つなど、チームにいれば、これほど頼もしいと思わせる選手はいない。その好打者について迫っていきたい。


(打撃)

 打撃の幅が広い。両腕の操作性が抜群で、強く引っ張る打撃や、しっかりと振り切ったセンター返しに、崩されてもヒットゾーンへ打ち返すバットコントロールがある。左打者としては理想的なバットの使い方ができるため、好投手にも対応ができる。

 スクエアスタンスでグリップを肩の位置に置いてバットを立てて構えている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、すり足気味にタイミングを取っていきながら、右足を真っ直ぐ踏み込んでいく。相手投手の球種、攻めに応じながら1打席ごとに狙い球を絞り、準備をしている。ヤマが外れても、とっさに反応するバットコントロールは、さすがとしか言いようがない。


 トップでは、捕手側方向へ真っ直ぐ引いていく。グリップが体の奥に入りすぎず、真っ直ぐ引くことができている。そのためスムーズに振り抜け、内外角を打ち返すことができている。ギリギリまで球を呼び込むことで、変化球にも対応できる形となっている。


 体重移動もスムーズで、横から見ると、一連の流れがキレイで、惚れ惚れさせられる。


 (守備)


 大型でありながら身のこなしは軽快。堅実に打球をさばくスタイルで、大きなエラーは少ない。投手をやっていることもあり、送球も丁寧で、力強い。確実にアウトにしようとする意識が見られる。それでありながら、ランニングスローなど咄嗟の動きもできるなど、センスは高い。

将来の可能性

 打撃技術、対応力は今年の高校生内野手ではトップクラス。プロの2軍でどれだけ対応できるか、どういう打席内容をしているのかは、ある程度は想像つく。高校時代から三振が多い選手は高卒1年目から低打率に終わる選手が多い。逆になかなかアウトにならない選手はそれなりの打撃を見せる。金田は対応力が高い上にスイングが強く、ある程度の打席を重ねれば、結果を残しそうだ。


 守備も名手というわけではないが、確実にアウトをしようとする意識が見られる。1年鍛えれば、プロレベルの守備を見せてくれそうだ。


 完成形はロッテでもプレーしていた楽天・鈴木 大地内野手(桐蔭学園出身)のように、年間150安打前後を狙える打撃型内野手へ成長するのではないだろうか。



情報提供・文:2022.12.18  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事