高校野球ドットコム

村上 慶太
プロ志望届提出者リスト

村上 慶太(九州学院)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
内野手
投打:
右/左
身長:
189 cm
体重:
93 kg
データ最終更新日:2022年10月13日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

ヤクルト村上の弟で注目された慶太 通算7本塁打以上に優れた打撃はプロで覚醒なるか




史上最年少の三冠王となったヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院出身)の弟として、甲子園や国体で注目された九州学院(熊本)の村上 慶太内野手(3年)。190センチ、100キロの体格と相まった風格は、まさにドラフト候補にふさわしいオーラがある。

高校通算7本塁打と数字で見てしまうと物足りないようにも感じられるが、「広角に長打を出せる」ことを持ち味の1つに挙げるように、とちぎ国体では逆方向の左翼へホームランを放つなど、数字以上の能力がある。

兄・宗隆を彷彿するような構えから、小さく足を上げてタイミングを計る。目線のずれを減らして、確実にミートできるように注意を払いつつ、テークバックを取らずにトップを作る。無駄をそぎ落とした動きで作ったトップから、下半身主導で強く踏み込んで鋭くバットを振り抜く。打ちに行く際に、突っ込み気味なのは気になる点だが、変化球でタイミングを外されても、右足で我慢して強いスイングができる。

普段から木製バットを使っていることで、「インサイドアウトで捉えることができるので、苦戦をしている感覚はない」と、むしろ木製バットがなじんでいるともいう。下半身も使ったスイングができているのが大きいだろう。

甲子園では聖光学院(福島)で結果を残せず敗れて以降、「打席内であまり動かず、トップを上げて、最短距離で振りだすように変えた」とフォームの見直しもしてきた。

たしかに甲子園の時と比較すると、フォームの違いは見て取れた。国体でのホームランも、低めの球に対しても最短距離でたたいて捉えるなど、スイングの軌道を修正していた。

投手に向かってしまい、前のめりになって軸がズレてしまうところは今後直面する課題となりそうだ。しかし、スイングそのものはしっかり基礎ができているように見える。あとは上のレベルの投手と対戦を通じて、どれだけアジャストできるかではないだろうか。

2年生の秋が終わった時点では、プロを目指せるか不安もあったというが、兄の助言も受けて覚悟を決めて冬、春、そして夏と駆け抜けてきた。九州学院での3年間は「辛かったり、きついこともありましたが、自分しか味わえないことだった」と話したうえで、「『村上 宗隆の弟』は一生ついてくるので、そこを『村上 慶太の兄』と呼ばせるような選手になりたい」と覚悟は強かった。

指導してきた平井監督も「積み重ねてきたものをつかみかけている」とまだまだ伸びることを予感している。秘めた才能を完全に覚醒させるのはどこなのか。村上 慶太のこれからの動向に注目だ。

情報提供:2022.10.20

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事