選手名鑑

相内 康佑 (東陵)

応援メッセージを投稿する!
相内 康佑

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

相内 康佑

都道府県:
宮城
高校:
東陵
学年:
2013年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
171cm
体重:
62kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 左の好投手で、試合を作る能力とフィールディング・牽制・クィックに見られる野球センスの高さを実感させる好投手。球速こそ125キロ前後で凄みはないものの、カーブ・スライダーなどを織り交ぜ、コースに球を散らせ粘り強く投げ込んできます。

(第一印象)

 軸足が深く折れる独特のフォームのせいで、身体への負担が大きいのではないかと観ていて不安になります。足を勢い良く引き上げたり、腕を真上から振り下ろすなど、試合をまとめる投球とは裏腹に、フォームはダイナミック。

(投球内容)

 結構ボールが高めに抜けたり浮いたりと、ボールが散っている割には、あまり細かいコントロールはないように思います。

<長所>

「着地」までの粘りは悪くなく、特に身体の「開き」が遅いので、中々ボールが見えてこない良さがあります。そのため打者としては、けして合わせやすいフォームではありません。

腕は身体に絡むように、シッカリ振られているのが良いところ。これだと速球と変化球の見極めが難しく、思わず打者も振ってしまう勢いがフォームにはあります。

<課題>

 テイクバックした時に、肩が背中のラインよりもだいぶ奥に入り込んでいます。また振り下ろす腕の角度にも無理があるので、肩への負担が非常に大きなフォームなのがどうでしょうか。更に軸足を深く折って、背中を反らせるようにして全体重を膝に預けて来るので、腰や膝への負担も大きそうなフォームです。将来的に、故障に泣かされないと良いのですが。

 「体重移動」が不十分で、上手くボールに体重が乗せられていません。そのため打者の手元まで、生きた球が行っていません。もう少し打者手元まで勢いのある球が行くようになると、投球内容も変わってきそうです。
将来の可能性
 左投手としては貴重な、試合を作ることができるタイプ。そういった意味では、上のレベルでも重宝される存在ではないのでしょうか。ただ球威・球速不足は否めないので、それを補うだけのキレなどを身につけたいですね。かなり完成された投手との印象も強いので、今後技術的にも、肉体的にもどのぐらいの上積みが残っているのかが気になります。それでも2012年度の、宮城を代表する左腕と言える存在だったのではないのでしょうか。
情報提供・文:2012.11.28 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東北vs東陵【宮城県 2012年夏の大会 第94回選手権宮城大会】
専大北上(岩手3位)vs東陵(宮城3位)【2010年春の大会 第57回東北地区高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板