選手名鑑

松尾 雄亮 (稲毛)

応援メッセージを投稿する!
松尾 雄亮

松尾 雄亮

都道府県:
千葉
高校:
稲毛
学年:
2013年卒
ポジション:
投手・外野手
投打:
右/左
身長:
181cm
体重:
76kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 今年の千葉県に旋風を巻き起こした稲毛。その先頭を引っ張ったのがエースの松尾 雄亮だ。拓大紅陵千葉商大付東京学館船橋を相次いだ破った強気な投球スタイルはまさに爽快だった。

 (投球スタイル)
 彼はなんといっても身体全体を使ったフォームから真っ向から振り下ろすストレート。ネット裏から見ていてもなかなか球威のあるストレートを投げる投手と思っていたが、センターカメラから見ていても失速しないストレート。球速は135キロ以上のストレートを投げる投手と比較しても、それほど差はないのではないだろうか。いずれにしろ将来的には常時140キロ台を計時出来るポテンシャルを持った投手だ。

 ただ課題であるストレートが高めに浮きやすい傾向はそれほど変わらず、ヒットの内容を見ると高めに浮いたストレートを捉えられているのが気になった。次のステージでは高めのストレートは餌食となり、狙って高めのストレートを投げるのならば、それでもいいが、低めを狙いにいったけど、高めに抜けてホームランを打たれるという投球は極力少なくしていきたい。

 変化球はカーブ、スライダー、縦のスライダーの3球種。縦のスライダーを軸に投球を組み立てていたが、この夏は緩いカーブを軸に投球を組み立てていた。緩急差を付けた投球ができるようになったのは成長点だ。
(投球フォーム)
真上から真っ向から振り下ろすオーバーハンド。

 セットポジションから始動する。左足を回しこむように上げていき、右足の膝を適度に曲げて立つことが出来ている。

 彼はまさに日本人らしいヒップファースト。お尻から先行して体重移動を行い、お尻は一塁側へ落ちて、捻りを入れることが出来ている。前膝を前へ送り込むことが出来ており、それにより滑らかな体重移動・前へリリースすることが出来るので、切れのあるカーブが活きる。将来的にはフォークの習得も可能なフォームだ。

 左腕のグラブを斜めに突き出して、テークバックを大きく取っていき、トップを作る。センターカメラから見ると、より大きく取って、上半身を鋭く回旋させ、勢いのある直球を投げるのが感じられる。右肩がやや下がり、肩の動きが思うように動かず、無理な投げ方になってしまうと故障のリスクが高いので、それには十分きをつけていきたい。

 リリース時の胸の張りが良く、上から鋭く振り下ろすことが出来ている。体重移動も身体が流れすぎることはない。身体が突っ込むことなく、下半身で得た力を上半身に伝えて身体全体で投げることが出来ているフォームだ。
将来の可能性
 拓大紅陵戦の投球を見て、まずは負けん気の強さが伝わるマウンド捌き、表情。相手で逃げるような投手ではない。そのため自分の間で自分のボールを投げることが出来る筋の良い好投手。拓大紅陵に勝ったのは偶然ではない。

 素材としては縦回転の直球は素晴らしく、体力強化によっては速球で勝負出来る本格派右腕に成長を遂げていきそうな予感をさせる。大学でも野球を続けるということで、3年後にドラフト候補として注目される投手になっているか注目していきたい。
情報提供・文:2012.09.28 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
敬愛学園vs稲毛【千葉県 2012年春季大会 千葉県 ブロック予選】
稲毛vs聖パウロ千葉【千葉県 2011年秋の大会 千葉県 一次予選】
千葉明徳vs市立稲毛【千葉県 2010年秋の大会 千葉県 ブロック予選】
専大松戸vs稲毛【千葉県 2010年春の大会 千葉県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板