本田凌太選手(浦和シニア)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
セカンド送球は1.9秒台、スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)「打てる捕手として活躍していきたい」

 昨年8月に行われた、リトルシニア日本選手権大会で見事優勝を果たした浦和リトルシニア。シニア日本代表に選出された山田愼之介選手(花咲徳栄)や長打力が持ち味の坪井 蒼汰選手(山村学園)など、チームには実力のある選手が揃っていたが、その中で2年生ながら正捕手を任されたのが本田凌太選手だ。

 セカンド送球は1.9秒台を記録し、また中学通算5本塁打を放つなど、「打てる捕手」として期待の高い本田選手。今回はスワローズジュニアに選出された小学校時代や、浦和シニアでの成長、また高校野球での目標について語っていただいた。

(続きを読む)

【目次】
[1]スワローズジュニアで深めた強肩への自信
[2]将来は森友哉選手のような「打てる捕手に」


関連記事
最速138キロのみちのくの剛腕 近藤悠人(宮城仙北ボーイズ)の持ち味は「強気に攻めるピッチング」
元プロを父に持つ中学通算20発以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り
恩師が語る森友哉選手(埼玉西武)「大阪桐蔭野球部史に残る伝説のバッターに」