「指導者が変わらなければ野球界は変わらない」球数管理を行い投手の実力を伸ばした健大高崎

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.17
古島弘三医師

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
「球数制限を行う健大高崎から学べるもの」古島弘三医師 インタビューVol.4

 夏にかけて過熱な議論となる球数制限。その中で年々、投手をシステム的に管理するチームが現れている。それが、健大高崎(群馬)だ。2011年の甲子園出場から機動破壊をキャッチフレーズに名を馳せた健大高崎は、球数管理を行い、投手の実力を伸ばしている。その健大高崎に対し、球数管理のアドバイスをしたのが、古島弘三医師である。(記事を読む)

これまでの連載
手術件数年間200件、「球数制限はせざるを得ない状況になっている」古島弘三医師 インタビューVol.1
「球数制限の前に良い投球フォーム」という声に古島医師の見解は? インタビューVol.2
「大会前の追い込み練習はマイナスでしかない」古島弘三医師 インタビューVol.3

【関連記事】
「野手も投手の練習を」故障を減らす為に筑波大・川村卓監督が考えていること 【ニュース - コラム】
首都大学野球リーグは先駆的に”球数制限”に取り組む 筑波大・川村卓監督が指導者へメッセージ 【ニュース - コラム】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
球数制限問題

コメントを投稿する

次の記事:
桜美林が14回の死闘を制する!創価が強力打線で5回コールドで勝利など4試合を徹底レポート【15日 東京都大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る