決勝戦を熱く語りつくす!元プロ野球選手とドットコム随一の頭脳が徹底解説!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.23

生放送中の様子

 22日の決勝戦ですべての日程が終了した全国高等学校野球選手権。大阪代表・履正社と石川代表・星稜による初優勝をかけた決勝戦を高校野球ドットコムではニコニコ生放送とのコラボを開催。今回は高校野球ドットコムからはデータ部長の林 龍也が参加。元プロ野球選手の愛甲猛氏が準々決勝に続いてゲストで登場し、あらゆる角度から解説し、大盛り上がりを見せました。

 そんな愛甲さんは決勝戦終了後、「履正社がこれまでの試合で思うように決められなかったバントなどを要所でしっかりできた。高校野球らしい野球をやったことが、優勝につながったように思います。
 一方の星稜サイドは奥川投手が打たれるというイメージができていなかったように見えました。奥川投手くらいだと少々狙い球を当てられたとしても、抑え込む力があります。しかし、投手の調子が悪いときに捕手や周りがどうカバーできるかなんですが、走塁ミスや無死一塁の場面での外野フライなどの『意味のないアウト』を重ねてしまいました。
 また7回裏に同点に追いついた場面についても、一塁走者が三塁に進むことができていなかった。星稜が優勝するには、こういうところでもう一歩上の野球をする必要があるでしょう。逆に優勝した履正社はここをキッチリできていました」と鋭くかつ的確な意見を語っていました。

 そのうえで決勝戦のMVPを挙げてもらうと、「履正社の井上君でしょう。1打席目でやられたスライダーを、2打席目では見事にとらえてのホームランは見事でした」と勝ち越し打を放った主砲の修正力を評価した。

 他にも試合中の解説や、データ部長・林による多角的な分析など、試合中の解説はアーカイブから視聴が可能。もう一度見直せば新たな発見があるかも。復習だと思って、是非も見返してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
元プロ野球選手と寺下友徳が熱く語り合う!ニコニコ生放送は大反響! 【ニュース - パートナー情報】

コメントを投稿する

次の記事:
二松学舎大附や国士舘、都立小山台など有力校が都大会へ【秋季東京都大会一次予選・結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る