抱き合う佐山、山浅の聖光学院バッテリー

 明治神宮大会が終わり、2022年の高校野球のイベントは終了した。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 夏の甲子園では仙台育英(宮城)が東北勢悲願の全国制覇を成し遂げたが、福島の聖光学院の活躍も忘れてはならない。センバツこそ2回戦敗退に終わったが、夏甲子園では4強に進んだ。日大三(西東京)横浜(神奈川)敦賀気比(福井)と、甲子園優勝歴がある強豪を倒すなど、その実力は全国トップクラスだといってもいい。強打のイメージが強いが、守備もしっかり鍛えられていて勝負強さも兼ね備えている。仙台育英の次は、聖光学院の全国制覇の番かもしれない。

 センバツではわずか部員15人の只見が21世紀枠で選出され、春夏通じて初の甲子園の舞台に立った。初戦は18三振を喫しての敗戦となったが、4回に1点を奪って一矢報いた。

 聖光学院は県内ではすべての大会で優勝を収め、確固たる地位を築いている。この牙城を崩すチームはどこになるのか。春と夏は光南が準優勝まで勝ち進んでいる。東日本国際大昌平が、春8強、夏4強、秋8強と安定して上位に食い込んでいる。打倒聖光学院を成し遂げるチームが現れるのか。そこにも注目したい。

▽2022年福島県代表の甲子園成績
★センバツ
 聖光学院 2回戦敗退
  1回戦〇9-3 二松学舎大附(東京)
  2回戦●2-7 近江(滋賀)
 只見(21世紀枠) 初戦敗退
  1回戦●1-6 大垣日大(岐阜)

   

★夏甲子園 聖光学院 4強
  1回戦〇4-2 日大三(西東京)
  2回戦〇3-2 横浜(神奈川)
  3回戦〇8-1 敦賀気比(福井)
  準々決勝〇10-5 九州学院(熊本)
  準決勝●4-18 仙台育英(宮城)

▽福島県2022年主な大会記録
【春季】
優勝 聖光学院
準優勝 光南
3位 学法石川
4強 学法福島
8強 いわき光洋
   福島商
   福島東
   東日本国際大昌平

【選手権】
優勝 聖光学院
準優勝 光南
4強 東日本国際大昌平
   田村
8強 日大東北
   いわき光洋
   学法福島
   学法石川

【秋季】
優勝 聖光学院
準優勝 学法石川
3位 田村
4位 平工
8強 東日本国際大昌平
   学法福島
   福島東
   いわき光洋