2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は徳島を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 徳島商 14回
2位 池田 7回
3位 鳴門 4回

 

 徳島の昭和を彩った高校といえば、やはり池田だろう。名将・蔦 文也監督が時代を先どるように、ウエートトレーニングで鍛えた球児を送り出し、「やまびこ打線」で一時代を築いた。初出場した1971年(昭46)は2回戦敗退だったが、2回目の出場となった1979年(昭54)は準優勝。1982年(昭57)には優勝候補にも挙げられていた早稲田実業(東東京)のエース荒木大輔投手(元ヤクルト)を打ち破るなどの快進撃で初優勝を果たした。翌年のセンバツも優勝して、夏春連覇を達成。3季連続甲子園Vの偉業に臨んだ1983年(昭58)の夏だが、KKコンビ擁するPL学園(大阪)の前に準決勝で敗れている。

 金属バットの時代となり、体全体のパワー重視の打撃で次から次へと安打を放つ打線は、甲子園の歴史に残るチームとして深く刻まれている。初優勝時のエースは畠山準投手で、後にダイエー(現・ソフトバンク)、横浜(現・DeNA)で活躍した。翌年のセンバツ優勝時のエースは巨人で活躍した水野 雄仁投手。

 伝説の投手がいたことも忘れてはならない。徳島商のエースとして1958年(昭33)の準優勝に貢献した板東英二投手(元中日投手)だ。延長18回引き分け再試合を含めて全6試合を1人で投げぬき、大会記録となる通算83奪三振をマーク。延長18回での参考記録ながら1試合25奪三振という記憶をファンの心に残した。

 徳島県初代表は徳島商。初勝利は1950年(昭25)の鳴門。最高成績は優勝で池田がマークしている。徳島県勢の通算成績は66勝58敗1分けで、勝利数の都道府県ランキングは24位。

★徳島県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 徳島商 23回
2位 鳴門 13回
3位 池田 9回
4位 鳴門工 5回
5位 小松島西 2回

★徳島県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 徳島商 21勝(準優勝1回、4強1回、8強2回)
2位 池田 20勝(優勝1回、準優勝1回、4強1回、8強1回)
3位 鳴門 13勝(準優勝1回、8強2回)
4位 鳴門工 8勝(8強2回)
5位 新野 2勝