2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は愛媛を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 松山商 16回 
2位 今治西 6回
3位 西条 4回 

 愛媛の高校野球界だけでなく、全国の高校野球界を引っ張ってきた存在が松山商。もちろん、昭和の時代もリードする存在だった。1935年(昭10)に夏甲子園初優勝すると松山東として出場した1950年(昭25)に2度目の優勝。1953年(昭28)には3度目の優勝を果たす。そして1969年(昭44)には、三沢(青森)との決勝戦で延長18回引き分け再試合の激闘の末に、4度目の優勝を決めた。また、昭和の時代に、準優勝も3度経験。まさに甲子園で一時代を築いた存在だった。
 その松山商にも、ちょっと「苦手」な存在がいた。準優勝3度のうち、2度は決勝で中京商(現・中京大中京=愛知)に敗れている。1932年(昭8)に初めて決勝に進んだが中京商に延長11回でサヨナラ負け(3対4)を喫した。1966年(昭41)にも決勝に進んだが、またも中京商に1対3で敗れた。1931年(昭6)の準決勝で初対決しているがそのときも1対3で黒星。夏甲子園での対中京商は3戦全敗なのだ。
 昭和の時代、松山商だけでなく愛媛県勢では1959年(昭34)に西条が優勝、1975年(昭50)に新居浜商が準優勝している。愛媛県は間違いなく昭和の高校野球界をリードしていた。
 松山商は昨年秋の県大会で8強入りすると、今年の春季県大会では見事に優勝を果たした。名門は今もなお、第一線であり続けている。

 愛媛県初代表は1918年(大7)の第4回の今治中(現・今治西)だが、米騒動のため大会が開催されなかった。初勝利は翌年に初出場の松山商が初戦でマークした。最高成績は優勝で松山商(5度)と西条が果たしている。愛媛県勢通算成績は122勝69敗で、勝利数の都道府県ランキングは8位。

★愛媛県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 松山商 26回  
2位 今治西 13回 
3位 宇和島東 9回  
4位 済美 6回
4位 西条 6回

★愛媛県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 松山商 60勝(優勝5回、準優勝3回、4強4回、8強6回) 
2位 今治西 20勝(4強3回、8強2回)
3位 西条 12勝(優勝1回、4強2回) 
3位 済美 12勝(準優勝1回、4強1回)
5位 川之江 6勝(4強1回)