2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は山梨を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 東海大甲府 7回
2位 甲府一 3回
2位 甲府工 3回

 1985年(昭60)、山梨県の歴史が動いた夏だった。東海大甲府が県勢初のベスト4に勝ち進んだ。初戦(2回戦)、岡山南相手に19安打11得点と打線爆発で勝利すると、3回戦では海星を4対2で下し8強入り。準々決勝では関東一(東京)を相手にドラマを起こす。4対7で迎えた9回に4本の長短打を集めて一挙4得点。土壇場で試合をひっくり返して8対7で競り勝った。山梨県としては初のベスト4。準決勝では惜しくも準優勝した宇部商(山口)に9回サヨナラ負けの悔しい敗戦を味わったが、東海大甲府としても4度目の挑戦でつかんだ準決勝の舞台だった。

 東海大甲府は1981年(昭56)に初出場。初戦敗退だったが翌年に初戦の勝利を含め2勝を収めた。この初戦突破は、山梨県代表として1966年(昭41)の甲府工の初戦勝利以来、実に16年ぶりの白星でもあった。東海大甲府は1984年(昭59)から昭和の終わり、1988年(昭63)まで5連覇。山梨の歴史を大きく変え、昭和の時代にひときわ大きく輝いたのだった。

 山梨県初代表は1935年(昭10)の甲府中。初勝利も初出場した初戦でマークした。最高成績はベスト4で1985年(昭60)、2004年(平16)、2012年(平24)の3度。いずれも東海大甲府がマークしている。山梨県勢の通算成績は43勝56敗で、勝利数の都道府県ランキングは35位。

★山梨県勢の代表回数上位ランキング
1位 東海大甲府 13回
2位 山梨学院 9回
3位 甲府工 8回
4位 日本航空 6回
5位 日川 4回

★山梨県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 東海大甲府 20勝(4強3回)
2位 甲府工 6勝(8強1回)
3位 日本航空 5勝
4位 市川 3勝(8強1回)
4位 甲府商 3勝