トーナメント表
青森県大会の結果
岩手県大会の結果
秋田県大会の結果
山形県大会の結果
宮城県大会の結果
福島県大会の結果

 6月1日、春季東北大会の組み合わせ抽選会が行われ、対戦カードが決定する。3年ぶりとなる大会は福島県で開催される予定で、各県の春季大会を勝ち上がった精鋭14校が、春の東北王者の座をかけて熱戦を繰り広げる。

 今年のセンバツに出場した花巻東(岩手)と聖光学院(福島)はそれぞれ1位校として、大会に出場する。夏の大会、そして夏の甲子園に向けて東北大会で収穫を得て、弾みを付けたいところだ。

 さらに2019年の東北大会(山形)の決勝を戦った弘前学院聖愛(青森)、明桜(秋田)も出場する。ともに2位校として出場するが、東北大会の舞台でも力を発揮できるか。弘前学院聖愛にとっては連覇がかかる。

 2016年から4大会連続で、宮城県勢がベスト4まで必ず勝ち残っている。2022年は仙台育英東北高の強豪2チームが出場することになっている。宮城県勢の快進撃が続くのか注目される。

 東北大会に出場する14校の顔ぶれを改めてみると、各県の強豪校がそろい踏み。どのチームが優勝するのか。1日の抽選でどんなカードが実現するか注目される。

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 春季青森県高等学校野球選手権大会
第69回 春季東北地区高等学校野球 岩手県大会
第70回 春季東北地区高等学校野球 秋田県大会
第69回 春季東北地区高等学校野球山形県大会
第69回 春季東北地区高等学校野球 宮城県大会
第74回 春季東北地区高等学校野球 福島県大会