20年秋から21年夏の木更津総合は秋県優勝、夏県準優勝と県内でトップクラスの成績を収めた。本格派右腕・島田 舜也投手は東洋大へ。4月の練習でも勢いのある速球を投げ込み、最速149キロまでに達した。デビューも近いだろう。また努力家の神子 史温投手は獨協大へ進学した。

 下級生から主力選手として活躍していた大西 智也内野手は、山中 海斗内野手とともに日本大へ。大西はAチームの練習に参加するなど期待も高い。俊足巧打の外野手・秋元 俊太選手は東洋大へ進学した。

 東都がなんと4名。その他、首都大、千葉大、神奈川リーグに進む選手もいる。どんな活躍を見せるか楽しみだ。