5月21日から開幕する春季関東大会。神奈川から桐光学園桐蔭学園が出場。この2校が春季関東大会に出場するのは、2013年の栃木関東大会以来、9年ぶり。奇しくも今回も栃木開催となった。

 そんな両校の主力投手、4番打者を紹介していきたい。桐光学園のエース・針谷 隼和投手(3年)は完成度の高いフォームから140キロ前半の速球、切れのある変化球を投げ分け、横浜打線を封じるなど評価上昇中。その針谷をリードする石井 嘉朗捕手(3年)もスラッガー型の捕手として注目されている。

 そして桐蔭学園はこの春、東海大相模を破って話題となった。その東海大相模打線を封じた山口 凱矢投手(3年)、そして主軸打者としてチームを牽引する相澤 白虎内野手(3年)もドラフト候補として注目されている。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!

この春評価を上げた関東地区注目の本格派右腕
針谷 隼和(桐光学園)

エース針谷を打でも支える強肩捕手
石井 嘉朗(桐光学園)

関東大会に導いた桐蔭学園のエースは度胸、スタミナ、球威も抜群な右の本格派
山口 凱矢(桐蔭学園)

ボーイズ日本代表も経験!名門の主将を務めるドラフト候補内野手
相澤 白虎(桐蔭学園)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版