甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年春夏の甲子園に出場した作新学院(栃木)の主な選手たちのその後を紹介する。 (学年は当時)

投手 大関 秀太郎(3年)=中央大
投手 篠原 聖弥 (3年)=仙台大
捕手 加藤 翼  (3年)=引退
内野手 七井 祐吏(3年)=桜美林大
内野手 石戸 智也(3年)=明治学院大
内野手 中島 淳 (3年)=東洋大
内野手 添田 真聖(3年)=日本体育大
内野手 池澤 快斗(3年)=桐蔭横浜大
外野手 相原 光星(3年)=富士大
外野手 鈴木 萌斗(3年)=早稲田大ー明治安田生命
外野手 大久保 湧史(3年)=日本大

 作新学院の大関は最速139キロの直球とキレのあるスライダーとチェンジアップを武器に丁寧にコースをつける技巧派左腕だ。最終学年はエースとしてチームを春、夏の甲子園出場に導いた。東都リーグの中央大では1年春からベンチ入りメンバーに入るなど実力は十分にある。

 作新学院で主将を務め、センバツでは選手宣誓をした添田は首都大学リーグの名門・日本体育大に進学し野球を継続。春夏の甲子園でチームの4番を務めた中島は東都リーグの東洋大に進学し1年春からベンチ入りしスタメン出場を果たすなど輝かしい大学野球デビューを飾った。

 2016年夏の甲子園で作新学院が全国制覇を果たしたメンバーと共に試合に出場した鈴木は、東京六大学の名門・早稲田大に進学。最終学年の春のリーグでは不動の1番バッターとしてベストナインを初受賞など素晴らしい成績を残した。卒業後は社会人・明治安田生命に加入し1年目からベンチ入り。母校の早稲田大との社会人対抗戦でスタメン出場していきなりホームランを放つなど好調なスタートを切った。