4月も後半に入り、高校野球では各地で春季大会が進んでいるが、大学ではリーグ戦が繰り広げられている。早くも1年生がリーグ戦デビューを果たして活躍が注目されているが、今回は2021年のセンバツ優勝を果たした東海大相模の当時の3年生たちの現在をまとめた。

 夏の大会は4回戦で姿を消したものの、センバツではベスト8進出を果たすなど、2021年の高校野球では随一のタレントぞろいだった仙台育英(宮城)。タレントメンバーは4月から各大学へ進み、新天地でアピールを続けている。そんな各選手たちの現在を確認した。

 エースにて、世代屈指の好投手だった伊藤 樹投手は東京六大学の早稲田大へ。すでにベンチ入りを果たしており、指揮官で元プロ監督の小宮山氏からも太鼓判を押されるなど、注目されている。いち早くデビューなるか。

 その伊藤と対戦する可能性があるのが、立教大へ進学した吉野 蓮内野手だ。仙台育英では野手であり最速147キロを計測する投手でもある二刀流として脚光を浴びていたが、大学では投手で登録。リーグ戦にはベンチ入りを果たしている。伊藤とともにデビューなるか期待がかかる。

 主将としてメンバーを束ねた島貫 丞外野手をはじめ、4人が日本体育大へ進学した。ベンチには入ることができなかったが、大所帯・日本体育大で一回りもたくましくなることを楽しみにしたい。さらに東都2部リーグにいる東洋大には八巻 真也内野手、同じく2部の専修大には浅野 洸司内野手が進学している。

 3拍子が揃ったアスリート型の秋山 俊外野手は中京大、小野 天之介捕手は白鴎大。そして小原 捷平捕手は、法政大の準硬式に進学している。

 須江監督に指導を受けた仙台育英での3年間を土台に、大学で飛躍することを楽しみにしたい。