阪神のドラフト4位・前川 右京外野手(智辯学園出身)が18日のオープン戦に7番・左翼手でスタメン出場。オリックスとの一戦に挑み、快音を響かせた。

 球界を代表するエース・山本 由伸投手(都城高出身)と対戦し、1打席目は三振に倒れたが、2打席目は積極的にバットを出していき、追い込まれても粘ると、外角カーブにうまく対応して左翼前に落とした。

 カーブでタイミングを外されたが、踏みとどまって上手く合わせた。このバッティング技術はルーキーとは思えないほどだった。

 球界のエースから安打を打てたことは、間違いなく今後の自信になるだろう。開幕1軍へのアピールにもつながった1本が、今後の成長の糧にしてほしい。

(動画を見る)