昨夏甲子園を沸かせた阪神・前川 右京外野手(智辯学園出身)が3月13日、阪神ファンを喜ばせる活躍を見せた。伝統の巨人戦で、7番左翼でスタメン出場した前川は第3打席、戸田 懐生投手(KTCおおぞら高出身)が投じたフォークを捉え、右前安打。そして第4打席は直江 大輔投手(松商学園出身)のフォークを拾って、中前安打と、いずれもフォークを拾っての安打である。

 例年の高卒ルーキーは縦系の変化球に対応できず、空振りを繰り返すことは多いが、前川の対応力は別格としかいいようがない。今後の前川の打席が楽しみだ。

(動画を見る)