今や中学軟式の投手の憧れとなっている阪神・森木 大智投手(高知出身)。高知中時代に軟式で最速150キロを投げ込み、最後の全国大会では、民放番組にも取り上げられるまでとなった。

 今、森木の中学時代の投球を振り返っても別格の投球だった。左足を上げてからテークバックをとって、右腕を振って、最後のフィニッシュまでの流れが実にスムーズ。投手として大事な柔軟性もあり、誰が見ても好投手と思わせる球だった。そこから高知高での3年間でしっかりと才能を伸ばし、ドラフト1位でプロ入り。改めて凄いことだといえる。

 これからも多くの投手の憧れになれるか注目だ。

(動画を見る)