東練馬シニアの本格派右腕・宮本 恭佑投手(3年)が、東海大菅生(東京)に合格した。

 宮本はエースとしてチームを牽引し、春夏とリトルシニアの全国大会準優勝に大きく貢献した。春季全国大会では外野手としてベストナイン、また夏の選手権大会では敢闘賞を獲得するなど、個人としても実績を残した。

 父である元ヤクルトの宮本慎也氏はコーチとしてチームに携わっており、大会ではスコアラーとして選手たちのプレーを支えていた。

 宮本は「エースとして絶対甲子園に出場して、全国制覇できるように頑張りたいです」と語り、高校野球での活躍に胸を馳せる。

 進学予定の東海大菅生は、春夏合わせて8度の甲子園出場の実績があり、昨年は春夏連続で甲子園出場を果たした。中学野球でトップクラスの実績を残した本格派右腕が、全国屈指の名門校でどんな活躍を見せるのか注目だ。



東練馬シニアのコーチを務める宮本慎也氏