浅野翔吾(高松商)

 香川県高等学校野球連盟はさる12月18日(土)、香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀において遠投・ベース1周走・ロングティー・チーム対抗リレー<350m×3人>の4種目からなる「第2回スタジアムレコード記録会」を開催した。

 これは県内高校野球部1、2年生を対象に昨年よりスタートしたもので、四国内では徳島県高野連主催の「徳島県高等学校野球体力・技術研修会」<2012年記事 >高知県高野連主催の「高知県高等学校野球駅伝大会」<2019年記事・映像>に続く、オフシーズンにおける高校球児モチベーションアップ企画となっている。

 そして、今年の主役だったのはやはりこの人。現在高校通算44本塁打、うち秋季県大会以降に本格的に取り組んだ左打席で3本塁打を放っている高松商の「怪物」浅野 翔吾である。

 2種目にエントリーした浅野はロングティー部門で昨年、下河 飛鴻(香川中央3年)がマークした102mを大きく上回る110mで1位を獲得。ベース1周走でも「三塁ベースを回ったところで前日の雨でぬかるんでいたグラウンドに足を取られて転倒していなければ、確実にベスト記録を出していた」(関係者・談)快足を披露した。

 今秋は県大会準々決勝で英明に敗れ、2季連続の甲子園は逃してしまった高松商。高卒ドラフト上位指名ばかりでなく、主将として聖地への頂を目指す浅野にとって、冬のタイトル獲得は、この上ない弾みになったことだろう。