<都市対抗野球:Honda熊本 7-6 伯和ビクトリーズ>◇4日◇2回戦◇東京ドーム

 神村学園(鹿児島)時代に甲子園で1発を放った男が、都市対抗で大暴れした。Honda熊本(大津町・九州第1代表)の1番、山本 卓弥外野手(神村学園ー亜細亜大)が4打数4安打2打点の大活躍で、チームの2年連続8強入りに貢献した。1回、先頭打者でいきなり二塁打を放って、先制のホームを踏むと、3点ビハインドで迎えた2回の第2打席では、右翼への同点3ラン。4回、6回にもそれぞれ安打を放った。あと三塁打がでればサイクル安打達成の固め打ちだ。

 初戦のJR東日本戦では1番スタメン起用も5打席無安打(1四球)。得点にからむことができなかっただけに、面目躍如の4安打となった。九州2次予選では14打数5安打と結果を残していただけに、2戦連続で打たないわけにはいかなかった。

 甲子園では華々しいデビューを飾っていた。2年春となった14年センバツ。開幕戦で登場した神村学園の3番一塁でスタメンすると、2対1で迎えた7回、第4打席に右翼越えへ勝利を決定づける3ランを放って見せた。9回にも安打を放ち、5打数2安打3打点。チームの開幕戦勝利に貢献していた。

 03年以来のベスト4入りへ。Honda熊本の「トップバッター」が、チームを18年ぶりの4強へと導く。