2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 明治神宮大会は25日、高校の部の決勝が行われ、近畿代表・大阪桐蔭(大阪)が、11対7と中国代表・広陵(広島)を破って、初優勝を果たした。

 大阪桐蔭は3回に集中打を見せた。4番丸山 一喜内野手(2年)の右前2点適時打、6番田井 志門外野手(2年)の右前適時打、8番鈴木 塁内野手(2年)の左翼線適時二塁打で4点を先制した。4回には3番松尾 汐恩捕手(2年)が左翼席へ3ランを放って突き放した。

 広陵は5回、4連打を含む6安打を集中させ5得点を挙げたが、大阪桐蔭は松尾のこの日2本目となるソロなど、小刻みに得点を重ねて突き放した。結局、毎回安打の18安打11得点で広陵に打ち勝った。

 投手陣は5人のリレーで反撃を抑えた。8回から5番手で登板したスーパー1年生左腕、前田 悠伍投手が広陵の猛攻を振り切って歓喜の輪を作った。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第五十二回 明治神宮野球大会 高校の部
第五十二回 明治神宮野球大会 大学の部