埼玉西武ライオンズからドラフト2位指名を受けていた筑波大・佐藤 隼輔投手(仙台高出身)が17日、球団との仮契約を結び、入団合意に至った。

 最速152キロ左腕として注目を集めていた佐藤は、大学野球最後のシーズンとなった秋季リーグで6位に終わり、入れ替え戦を戦うこととなったが、初戦と第3戦で先発。第3戦では被安打2、失点1と圧巻の投球を見せ、1部残留を決めた。

 ドラフト1位は同じ大卒左腕の隅田 知一郎投手(波佐見-西日本工大)。大卒左腕コンビで、ライオンズの投手陣を支えることが出来るか注目される。

(動画を見る)