2日、秋季関東大会は準々決勝4試合が茨城県内で行われる。勝てば選抜へ大きく前進する大事な一戦に挑む8チームそれぞれの注目選手をまとめた。

 彼らの活躍が選抜の当確ランプを灯すのに繋がるか。球場で見る際は、活躍に注目してはどうだろうか。

東海大相模
求 航太郎
角度のある速球を投げ込むだけではなく、打撃も好調な二刀流
庄田 聡史
完成度の高い投球が武器のピッチャー
百崎 蒼生
初戦・花咲徳栄戦では5打数5安打と好調ぶりを見せた1年生バッター
深谷 謙志郎
声、好守備でもり立てる守備の要

木更津総合
越井 颯一郎
最速142キロを計測する注目右腕
山田 隼
千葉県大会で5本塁打を放ったスラッガー
水野 岳斗
長打力のある4番スラッガー

明秀日立
小久保 快栄
県大会でもホームランを放った188センチのスラッガー
猪俣 駿太
勝負所では140キロ前後の速球を投げ込む本格派右腕

健大高崎
加藤 達哉
U12を経験する技巧派左腕
清水 叶人
二塁送球1.87秒の強肩に加えて強打も光る捕手