11日のプロ野球ドラフト会議にて、北海道日本ハムファイターズから単独での1位指名を受けた天理達 孝太。その達は13日、日本ハムの担当スカウトからの指名あいさつを受けた。

 194センチと世代屈指の大型投手として注目を集めてきた達。その高さを活かした角度を付けた真っすぐは最速149キロを計測。選抜の舞台ではマックスだけではなく平均球速も素晴らしかったが、加えて2種類のフォークを決まっていた。

 変化球も巧みに混ぜた投球で、チームの選抜ベスト4進出に大きく貢献。夏の甲子園には出場できなかったが、選抜の時点でも伸びしろ、さらに達自身も目指しているメジャーで活躍する可能性を感じさせた。

 日本ハムと言えば、ダルビッシュ 有東北出身)、大谷 翔平花巻東出身)と大型投手を一流選手へ育て上げ、メジャーへ送り出した実績もある。偉大な野球人が育った球団で、達も球界を代表する投手となるか。これからの成長が楽しみだ。