2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 10日から開幕した夏の甲子園。今回は1年生でベンチ入りを果たした選手たちを紹介する。

3 干場 雄心帯広農
13 熊谷 陽輝北海
15 宇野 琥太朗弘前学院聖愛
11 堀米 涼太日大東北
12 堀米 翔太日大東北
15 槌谷 蒼太日大東北
1 杉山 遙希横浜
6 緒方 漣横浜
18 小野 勝利横浜
11 高橋 史佳日本文理
12 矢野 航大県立岐阜商
15 小林 凜人県立岐阜商
12 高山 亮太三重
17 野田 泰市三重
18 横江 壱吹高岡商
16 神谷 莉毅小松大谷
15 横田 悟近江
18 柴田 勝成神戸国際大附
14 湯浅 孝介智辯和歌山
15 小畑 虎之介智辯和歌山
15 河野 優輝広島新庄
13 今泉 秀悟石見智翠館
18 田中 幹紘石見智翠館
16 横井 亮太高松商
17 寺地 隆成明徳義塾
18 小林 和生明徳義塾
4 江口 翔人西日本短大附
17 森山 塁明豊
14 茶園 将太樟南
16 畝地 峻己樟南
18 知花 慎之助沖縄尚学

 横浜日大東北には3名の1年生がメンバー入りを果たした。横浜の逆転サヨナラ弾を放った緒方、背番号1をつける左腕・杉山に加え、神奈川大会の初戦で本塁打を放った小野にも注目だ。

 三重の野田は予選ではチーム最多の18安打をマーク。初戦の樟南戦でも強打に注目したい。西日本短大附の江口は「1番・二塁手」のレギュラーで出場し打率.368を残している。

 今大会で一桁の背番号をつける1年生は干場(帯広農)、杉山、緒方(ともに横浜)、江口(西日本短大附)の4名。今後の試合でも上級生に負けない活躍を期待したい。




2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第103回全国高等学校野球選手権大会

■8月14日の試合