2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

今年の大阪桐蔭を徹底分析!
【秋】本当に史上最強なのか?優勝候補・大阪桐蔭の戦力を徹底分析!
【春】「らしくない大阪桐蔭」から2ヶ月で真骨頂を発揮し、3年ぶり近畿制覇
【夏】3年ぶりの日本一を狙う大阪桐蔭。全国トップレベルの戦力を徹底紹介

 7月31日、第103回大阪大会準決勝、関大北陽vs大阪桐蔭の一戦は、延長14回タイブレークの末、12対10で大阪桐蔭が試合を制した。

 大阪桐蔭は初回に2点を先制するもその裏、関大北陽も集中打で3点を入れ逆転に成功。しかし大阪桐蔭は2回表に犠飛で追いつき、4回表にも犠飛と内野安打で2点を勝ち越し、5回表にも1点を入れ、5回終わって6対3と3点のリードを奪った。

 追う関大北陽は遊撃・山田悠平が3番手としてマウンドに登ると、大阪桐蔭打線の勢いが止まる。

 6回裏、関大北陽が1点を返し、7回裏、関大北陽の4番・辻鈴太の2点二塁打で同点。8回裏にも犠飛で勝ち越しに成功する。後がない大阪桐蔭は9回表、主将・池田 陵真の起死回生のソロ本塁打で土壇場で同点に追いついた。

 試合は延長戦に突入。そして延長12回でも決着がつかず、なんと大阪大会準決勝は2試合続けてタイブレークに。延長14回表、大阪桐蔭は一死満塁から4番花田 旭の2点適時打で勝ち越し、さらに二死満塁から7番野間 翔一郎の走者一掃の二塁打で12対5と突き放す。

 だが、14回裏、関大北陽も適時打、敵失、適時打で3点を返すが、反撃はここまで。大阪桐蔭が激戦を制し、3年ぶりの決勝進出が決まった。

 よって翌8月1日に行われる決勝は興國大阪桐蔭となった。決勝戦は13時プレーボールの予定。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会

■7月31日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会

第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会
準決勝 興國    5  -  4    履正社 大阪シティ信用金庫スタジアム 応援メッセージ
大阪桐蔭 12  -  10 関大北陽 大阪シティ信用金庫スタジアム 応援メッセージ