2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 21日、第103回全国高校野球選手権 香川大会は準々決勝4試合が行われた。

 英明尽誠学園の一戦は、2回に先取点を奪った英明が終始リードを保ち、5対1で勝利した。また同球場の2試合目は高松商が登場し、2年生スラッガー・浅野 翔吾のホームランなどで7対0のコールド勝ちを飾った。

 大手前高松藤井学園寒川と対戦し、4対5のビハインドで迎えた9回に4点を奪い返し、8対5のサヨナラ勝ちで準決勝に進出を決めた。三本松高松中央の試合は、序盤に点数を重ね続けた三本松が4対3で勝利している。

 準決勝は23日、決勝は25日に開催予定となっている。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第103回 全国高等学校野球選手権 香川大会

◇7月21日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 香川大会

第103回 全国高等学校野球選手権 香川大会
準々決勝 大手前高松    8  -  5    藤井学園寒川 レクザムボールパーク丸亀 応援メッセージ
高松商    7  -  0    高松西 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ
英明    5  -  1    尽誠学園 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ
三本松    4  -  3    高松中央 レクザムボールパーク丸亀 応援メッセージ

◇7月23日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 香川大会

第103回 全国高等学校野球選手権 香川大会
準決勝 英明 14  -  10 三本松 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ
高松商 11  -  8    大手前高松 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ