甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に甲子園出場を果たした横浜の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 藤平 尚真 3年(東北楽天)2016年1位
投手 石川 達也 3年(法政大-横浜DeNA育成)2020年育成1位
捕手 徳田 優大 3年(桜美林大-IMF BANDITS富山)
捕手 福永 奨 2年(國學院大)
内野手 戸堀 敦矢 3年(國學院大-日本製鐵かずさマジック)
内野手 遠藤 駆 3年(神奈川大)
内野手 公家 響 3年(明治大-大阪ガス)
内野手 渡辺 翔 2年(富士大)
内野手 齊藤 大輝 1年(法政大)
外野手 増田 珠 2年(福岡ソフトバンク)2017年3位
外野手 村田 雄大 3年(法政大-Honda)

 この中で、エースの藤平 尚真、当時2年生の増田 珠、左腕・石川 達也の3名がプロ入りを果たした。

 藤平は高橋 昂也花咲徳栄、広島2位)、寺島 成輝履正社、ヤクルト1位)、今井 達也作新学院、西武1位)らとともに2016年の高校BIG4と評され、東北楽天に1位指名を受けた。1年目から8試合に登板し3勝を挙げた。プロ5年目の今季は、同世代の早川 隆久木更津総合出身)がチームメイトとなり、一層奮起のシーズンとなる。

 藤平と二枚看板を張った石川は法政大へ進学し、昨年のドラフトでは常総学院出身の鈴木 昭汰(ロッテ1位)と平塚学園出身の高田 孝一(楽天2位)らと共に横浜に育成1で指名を受けた。

 そして2年生で3番を務めた増田は2017年のドラフトで福岡ソフトバンクに3位指名を受けてプロ入りを果たした。ポスト松田として「マスオ」の愛称で親しまれ、将来のホークスの元気印としての活躍が期待されている。

 そして、増田と同期の福永 奨は今季から國學院大で主将としてチームを牽引し、中央大の古賀 悠斗福岡大大濠)らと共に東都リーグ屈指の捕手としてプロ入りを狙っている。

 プロ入りを果たした3名の他にも社会人まで硬式野球を継続している選手が多く、さらに今年は福永の指名も期待される。今後の2016年の横浜ナインには目が離せない。

(記事:編集部)