開幕から3週間以上が経過した。すでに多くの新人選手が一軍でデビューを果たし立派な戦力になっている。

 なかでも野手では牧 秀悟(DeNA)と佐藤 輝明(阪神)の活躍が目立つ。この両選手は大卒でプロ入りを果たしているが、いずれも高校時代に甲子園への出場経験はなかった。高校時代に甲子園という大舞台を経験していなくても、1年目からこれだけ活躍する選手は多くいるのである。

 そこで各球団の過去5年のドラフト指名された大卒選手たちの甲子園出場歴を調べてみた。

 日本一5連覇を目指しているソフトバンクは2020年のドラフトで大卒選手の支配下指名はなかった。

 2019年のドラフト指名選手を見ると海野 隆司関西高→東海大→2019年2位)、津森 宥紀和歌山東高→東北福祉大→2019年3位)、柳町 達慶應義塾高→慶応大→2019年5位)と3人の大卒選手を指名している。

 そのなかで海野は2014年夏の甲子園に2年生ながら背番号「2」をつけ出場した。初戦の富山商戦で「7番・捕手」として出場するも無安打。チームも敗退した。

 2018年の大卒組である甲斐野 央東洋大姫路高→東洋大→2018年1位)と泉 圭輔(金沢西高→金沢星稜大→2018年6位)は、いずれも甲子園に出場していない。

 2017年のドラフト指名選手では大竹 耕太郎済々黌高→早稲田大→2017年育成4位)が2012年夏、2013年春と2季連続で甲子園に出場している。

 2年生ながらエースナンバーを背負って出場した2012年夏の大会では初戦で完封勝利。しかし続く大阪桐蔭高相手には9回6失点で敗れている。森 友哉(現西武)には本塁打含む3安打と打ち込まれた。2013年春の甲子園では初戦で完封勝ちを収める。つづく済美高戦では安樂 智大(現楽天)と投げあい、9回11奪三振と好投しながら4失点を喫し敗戦投手となった。

 2016年ドラフトでは唯一の大卒指名選手だった田中 正義創価高→創価大→2016年1位)は創価高時代に甲子園出場経験はなかった。

【過去5年のドラフト指名選手の甲子園出場有無】
※育成指名は支配下登録された選手のみ
※◎が甲子園出場歴あり(ベンチ入り)

<2020年>
指名なし

<2019年>
2位:海野 隆司関西高→東海大)◎
3位:津森 宥紀和歌山東高→東北福祉大)
5位:柳町 達慶應義塾高→慶応大)

<2018年>
1位:甲斐野 央東洋大姫路高→東洋大)
6位:泉 圭輔(金沢西高→金沢星稜大)

<2017年>
2位:高橋 礼専大松戸高→専修大)
4位:椎野 新村上桜ヶ丘高→国士舘大)
育2位:周東 佑京東農大二高→東農大オホーツク)
育4位:大竹 耕太郎済々黌高→早稲田大)◎

<2016年>
1位:田中 正義創価高→創価大)

(記事=勝田 聡)