首都大一部の強豪で、昨秋も横浜市長杯に出場した武蔵大の新入生たちは今年も優秀だ。

 投手では右サイドから135キロ前後の速球を投げ込む石田慶一 (成田)、同じく成田から140キロ超の速球を投げ込む根本 優輝成田)、軟式U-15代表を経験している右腕・米永 大基(市立川越)、185センチの長身から140キロ台の速球を投げ込みプロのスカウトからも注目された松崎 公亮(聖徳学園)。他にも素材力が高い投手が多く、近年、武蔵大は投手育成に力を入れ、多くの投手が伸びているだけに期待が高まる。

 捕手では千葉独自大会で9打数4安打と準優勝に大きく貢献した好捕手・江波戸 駿 (専大松戸)が加入。内野手では菊地 隼輔(日大藤沢)は牧原 巧汰(福岡ソフトバンク)とともに活躍を見せた右の強打者。打球が非常に速く、好投手に対しての対応力も高い。外野手は茂木陸(星槎国際湘南)が早くもリーグ戦に出場。総合力の高い外野手として評価が高い。

 

 今年も投手、野手ともに実力派が入学した武蔵大。活躍を期待したい。