首都大学野球連盟の雄・東海大の新入生の中で、各ポジションから逸材を紹介したい。

 諸隈 惟大東海大相模)は左スリークォーターから投げ込む140キロ前後の速球、キレのあるスライダーを投げ込む好左腕。

 岩本 真之介市立和歌山)は2年春のセンバツでベスト8入りに貢献した技巧派左腕。角度のある直球、切れのあるスライダーで勝負する。田村 大也 (埼玉栄)は躍動感のあるフォームから繰り出す切れのある135キロ前後の速球を投げ込む左腕。

 平良 拳晨(帝京可児)は加藤 翼(中日)とともに活躍を見せた右腕。140キロ後半の速球を投げ込む。

 捕手では独自大会の東京王者に輝いた臼井 直生(東海大菅生)は総合力が高い好捕手。

 内野手では守備力が高く、投手もつとめるセンスの高さがある田中 一馬 (東海大仰星)、スピーディな動きを魅せる好遊撃手・玉置 真虎東海大菅生)、強打が光る左打者・宮城 光伸明石商)とレベルが高い選手が続々入学する。

 外野手では鵜沼 魁斗東海大相模)に注目。2年生の時にU-18代表に選ばれ、長打も打てる俊足巧打の外野手。リーグ第2戦に出場し、初安打をマークしている。

 江城 優明 (埼玉栄)は埼玉県を代表する大型外野手として注目を集め、長打と守備範囲が広い守備が魅力。植本 拓哉明石商)もパンチ力のある外野手として注目を集めた。恵まれた体格から凄まじい打球を放つ藤岡 大河 (東海大市原望洋)、昨夏独自大会優勝に貢献した森下 晴貴東海大菅生)は総合力が高い外野手として台頭している。