開幕から3週間ほどが経過した。すでに多くの新人選手が一軍でデビューを果たし立派な戦力になっている。

 なかでも野手では牧 秀悟(DeNA)と佐藤 輝明(阪神)の活躍が目立つ。この両選手は大卒でプロ入りを果たしているが、いずれも高校時代に甲子園への出場経験はなかった。高校時代に甲子園という大舞台を経験していなくても、1年目からこれだけ活躍する選手は多くいるのである。

 そこで各球団の過去5年のドラフト指名された大卒選手たちの甲子園出場歴を調べてみた。

 巨人は2020年ドラフトで平内 龍太神戸国際大附高→亜細亜大→2020年1位)をはじめ4人の大卒選手を指名した。そのなかで甲子園に出場しているのは半分の2人だった。

 山崎 伊織明石商→東海大→2020年2位)は3年時の2016年春の甲子園に背番号「10」で出場した。しかしエースに吉高 壯(現日本生命)がいたため登板機会はなかった。

 萩原 哲日南学園高→創価大→2020年7位)は2016年春夏の甲子園に出場している。春の大会では山崎が在籍していた明石商と対戦し敗れた。山崎は登板しなかったものの、4打数1安打の結果を残している。夏は3回戦まで進出し打率.455(11打数5安打)と気を吐いた。

 名門星稜高出身の北村 拓己星稜高→亜細亜大→2017年4位)は、2013年夏の甲子園に主将として出場している。このチームのエースナンバーは1学年下の岩下 大輝(現ロッテ)だった。初戦で板東 湧悟(現ソフトバンク)擁する鳴門高と対戦。この試合で北村は板東から本塁打を含む2安打3打点と結果を残すもチームは敗れている。

 現在はチームを退団し堺シュライクスでプレーする村上 海斗北照高→奈良学園大→2017年7位)は2012年春、2013年春夏と2年、3年時に3度甲子園に出場した。最後の夏では1安打を放った。

 ブレイク中の松原 聖弥(仙台育英高→明星大→2016年育成5位)は、在学中にチームは甲子園に出場しているものの、自身はベンチ入りできなかった。

【過去5年のドラフト指名選手の甲子園出場有無】
※育成指名は支配下登録された選手のみ
※◎が甲子園出場歴あり(ベンチ入り)

<2020年>
1位:平内 龍太神戸国際大附高→亜細亜大)
2位:山崎 伊織明石商→東海大)◎
6位:山本一輝(東郷高→中京大)
7位:萩原 哲日南学園高→創価大)◎

<2019年>
指名なし

<2018年>
1位:高橋 優貴東海大菅生高→八戸学院大)

<2017年>
1位:鍬原 拓也北陸高→中央大)
4位:北村 拓己星稜高→亜細亜大)◎
7位:村上 海斗北照高→奈良学園大)◎

<2016年>
1位:吉川 尚輝中京高→中京学院大)
2位:畠 世周(近大福山高→近畿大)
7位:リャオ・レンレイ(岡山県共生高→台湾・開南大)
育4位:坂本 工宜(関西学院高→関西学院大(準硬式))
育5位:松原 聖弥(仙台育英高→明星大)

(記事:勝田 聡)