【群馬のトーナメント表をチェック!】

 21日、群馬県では春季大会の3回戦8試合が行われ、ベスト8の顔ぶれが決まった。

 選抜出場の健大高崎安中総合を13対0と、持ち前の打撃を武器に勝利を手にした。準々決勝では、高崎商大附を10対6で下した東農大二と対戦することとなった。

 その健大高崎と並んで強豪として注目される前橋育英太田と対戦したが、結果は3対10のコールド負け。また昨夏の甲子園交流試合出場、昨秋の県大会ベスト4の成績を残した桐生第一関東学園大附の前に0対12のコールド負けと波乱の結果になった。

以下、24日からの準々決勝に勝ち進んだ8校である。
健大高崎
東農大二
館林
市太田
高崎商
太田
関東学園大附
前橋東

◇4月21日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選

第73回 春季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選
3回戦 健大高崎 13  -  0    安中総合 高崎市城南野球場
東農大二 10  -  6    高崎商大附 高崎市城南野球場
館林    5  -  3    高崎経大附 藤岡市民球場
市太田 10  -  0    富岡 藤岡市民球場
高崎商 10  -  6    前橋商 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)
太田 10  -  3    前橋育英 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)
関東学園大附 12  -  0    桐生第一 桐生球場
前橋東 10  -  5    四ツ葉・玉村・榛名・富岡実・下仁田・板倉 桐生球場